世界各地の「日食」、ニュースダイジェストfrom台湾

全国的に「日食」ブームが来ていますので、

なんか、ぉぅぇぃも「日食」の記事を書かないとな~っと思った次第です。

既に「日食(日蝕)はなぜ「日」「食」と呼ばれているのか?」のような記事を書きました。

ぉぅぇぃは写真に得意なわけでもないし、

折角なので、やっぱりちょっと変わった日食の記事にしようかな~っと思います。

今回の日食は、日本だけではなく、

台湾でもお日様が約85%欠けている…様子を観測できるらしいので、

ここ数日、台湾ヤフーのニュースに、やっぱりかなりの数の世界各地の日食記事が出ています。

その中から、日本のニュースサイトで見かけなかったものを、いくつか紹介します。

〈獨家〉「日食」大好日 藏密:做好事果報翻倍

チベット密宗の仏教徒にとって、日食というのは大変良い日だそうです。

なぜかというと、天は再び目を開く日である、

この日でお経を唱えると、普段の一兆倍(!)の成果が期待できるらしい。

別の解釈では、日食の日では、良いことをしても悪いことをしてもも、

その果報(報い)は普通の倍になる…という説もあります。

いずれにしても、日食の日になれば、台湾のチベット密宗の仏教徒は休みをとって、

みんな集めてお経を唱えたり、修行したりする。

ちなみに、「一兆倍」に成る理屈について、

チベット密宗の伝えによれば、

人間は毎日2万1千6百回の呼吸をするのですが、

普段なら、いわゆる「業気(雑念)」ばかり吸うことになるのだが、

日食の日では、「業気」ではなく、「知恵の気」が溢れるので、

普段よりもずっと効果があるそうです。

占星家警告日食不利中國印度尼泊爾

ネパールの有名の星占い師、Bhoj Raj Upadhyayによれば、

今回の日食は「中国・インド・ネパールに災いをもたらす」

彼によれば、今回の日食のよって、この三つの国に、社会問題・金融問題を起こし、

さらに宗教の対立を引き起こす…らしい。

深信惡魔吃太陽 印度驚慌6分鐘

現代でも、多くのインド人は、日食は「悪魔が太陽を食った」と認識しています。

日食のこの日では、妊婦は家に隠れ、

投資家は、株式市場の下落を恐れ、証券会社に入ることを控える。

祈る人も居れば、ガンジス河に飛び込んで保護を求める人も居た。

但し、気にしない若いインド人も居る。

「日食なんて、テレビで見ればいいじゃないか?ガンジス河に頼らず、家の浴槽で十分さ」

一方、バングラデシュの北部では、

数万人の民衆が競技場に集まり、日食の絶景を楽しんでいたが、

月が完全に太陽を隠したら、その場に居た民衆は集団的パニックになり、

全員泣き出したという。

日全食瞬間變暗 動物也錯亂

22日は今世紀でもっとも長い日食を観測できる日です。

日食が発生した時、空は真っ暗になる。

この現象で、動物が錯乱し、普段と異なる行動に走ることがある。

台湾の動物園では、インゴやペンギンなど動物は、ちょっと動きが静止するくらいで、

それと言った影響が無かったそうだ。

但し、マダガスカル島のサル達はちょっと違ったようです。

日食が発生したら、突如鳴き始めた。

本来ならば、ここのサル達は夕方の時に、

鳴き声で仲間を集め、巣に戻る習性を持っているが、

日食の影響で、時間感覚を狂わせたらしい。

今回の日食は、日本の動物に大きな影響を与えなかったらしい。

う~む、色々な国に、日食で色々なことが起きているものだなー。

やっぱり、世紀的な大イベントだな~っと改めて思いました。

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">