PSPのEOJ:THE EYE OF JUDGMENT-神託のウィザード体験版の感想レビュー

昔々大学生だったぉぅぇぃはMtGを大にハマっていました。

MtGは日本に来てから3年ほど遊んでいましたが、

ルールの不備を利用したWaylayの悪用が公式大会にも認められ、

「こんなんでいいのか?!」ということで、一気に熱が冷めてしまいました。

今でも押し入れの中に、大量のカードが残されています。

そして数年前、PS3に発売されたEOJにトレーディングカードゲームへの情熱が蘇た。

JAVAアプリで「詰めEOJ」まで自作したほどの惚れっぷりでしたが、

セット2の「宣教師」と「全ダブリボックス」のワンツーパンチで、

EOJのスタントやマット・カードなどを再び封印してしまいました。

EOJ熱が冷めてから、もうEOJのことを触れることが無いだろう…っと思っていましたが、

PSP版発売予定でちょっと再燃?かも?

ということで、今日は15日公開されたPSP版のEOJの体験版の感想レビューを少々。

さて、ぉぅぇぃは元PS3のEOJプレイヤーなので、

今回のPSP版EOJへのレビューも、PS3版を踏まえて感想を述べたいと思います。

ちなみに、ぉぅぇぃは初期デッキの水デッキを選んで、約3時間ほど遊んで、

カードショップで買えるカードを一枚ずつ購入したところまで進みました。

水デッキを選んだのは、特に深く吟味したわけでもなく、

魔道+回避の「アルージアの修道女」をPS3版から贔屓してきたから…です。

まず、PSP版のよい点から。

ストーリーモード!
いや、カードゲームをコンシューマ機で出す時に、そこそこの高確率でストーリーモードがありましたが、PS3版のEOJにはこのモードがありませんでした。で、PSPにストーリーモードが搭載されたこと自身は非常に高く評価できます。やっぱりストーリーモードがあったほうが、世界観もよく分かるようになりますし、メリハリが出るようになります。
リアルカード要らず
カードゲームの宿命の一つとして、カードをそれなりに購入しないと、完全に楽しめない…というのがあります。レア・ウルトラレアはともかく、コモンとアンコモンを揃ってしまわないと、思うようにデッキが組めないのですね。EOJの場合、アンコモンをコンプリートするには、大体2ボックスくらい買わないと揃わないのですね。安い店で買ってもそれで8,000〜9,000円くらいかかります。無論、もっとコンセプトデッキを組もうとしたら、更に買わなければなりません。ちなみに、ぉぅぇぃはPS3版のセット1とセット2で合計6ボックスくらい購入しました。
今回のPSPのEOJは、リアルカードを使わなくでも遊べるように成っていますので、楽しさはそのまま、カードへの投資を大幅に抑えられるようになっています。オンラインショップでカード購入出きるらしいのですが、所詮バーチャルカードなので、PS3版よりもかなり安上がりに成るハズです。
ポータブル
PS3版のEOJは、オンライン対戦は充実していますが、リアル友達と対戦しようとしたら、かなり大かかりな用意をしないといけませんでした。テレビ・PS3・カメラ・スタント・マットなどを揃えるのは結構大変ですね。それと比べたらPSP版はとりあえず一人一台PSPを用意すれば、いつでもどこでもアドホック対戦が出来ますので、かなりお手軽になります。
カンタンでお気楽操作
PS3版では、ドローしたカードをリアルカードの中から見つけ出し、それを使っていかないと行けないので、無駄な手間が発生しますし、テンポも悪い。PSP版は完全にバーチャルなカードを利用していますので、十字キーと△◯×□だけでほとんどの操作が出来ますので、簡単でテンポもかなり良くなりました。

次に、PS3版と比べて、PSPがイマイチなところ。

グラフィックが汚い
PS3を比較しちゃいけないかもしれませんが、かなり汚いです。ぉぅぇぃはZ9000の大画面でも試してみましたが、PS3とは比べ物にならないくらい汚いだけではなく、他の戦ヴァル2などのPSPゲームと比べても、かなりイマイチのほうだと思います…。一番気になるのはグラフィックの部分ではなく、文字が滲んてて読みにくいところ…ですね。まあ、カードゲームのようなゲームは、元々そんなにグラフィックで勝負するようなものではないので、楽しさにはそれほど左右しませんが。
音楽
PS3版の音楽が良かっただけに、PSP版の音楽はどうもちょっとテンションが上がらないな…と感じています。う〜む、PS3の音楽をDLCで売ってくらないかのう…。
情報が読みにくい
画面が小さいのもありますし、リアルカードのようにじっくり見れませんので、ちょっと画面の情報が読みにくいのですね。ぉぅぇぃは慣れていますので、脳内で記憶していますが、どのフィールドの裏はどんなフィールドに成っているとか、初心者には小さくて確認しにくいのです。カードテキストも、スクロールしないと全文読めないものも多いので、ちょっと手間取りますね。まぁ…、何れも覚えてしまったら問題ないけど、カードゲーム慣れてない方にはちとツライかもしれません。
AIが弱い
PS3版のAIは非常に賢かったのですが、PSP版は賢いとはほど遠い…というか、ちょっとおバカさん状態です。まあ、体験版向きに優しく設定されている可能性もあります。なんというか、適当にやってもほぼ連戦連勝…はちょっと弱すぎ…のような気がします。正規版は是非PS3版と同じくらい歯ごたえのあるAIと戦いたいのです。まあ、結局一番強いのは人間プレイヤーなんですが、AIもあんまりにも弱かったら、ちょっとモチベーションが上がらない…のです。
ストーリーのアメコミ風味
いや、「Smashhhh…」とかに純粋に慣れないのです。後ストーリーモードは早送りとかも出来ないようで、ちょっとテンポが悪いのですね。

とりあえず、ざっくりとこんな感じですね。

遊んだ結論として、PSP版のEOJもダウンロード購入する予定です。

同じゲーム性で、画像と音楽だけパワーアップしたPS3版も出してくれたらうれしいな…。

そして、PS3xPSPのクロスプラットフォームの対戦もできたらスゲェ〜っと思ったりします。

何はともあれ、EOJのカードゲームの部分は、

非常にきっちりデザインされていますので、

PS3にしても、PSPにしてもゲームそのものは高く評価出来ると思います。

「カルドセプト」のようなカード要らずのカードゲームとして生まれ変わったPSP版は、

広くプレイヤーに受け入れられるかどうかは注目したいところですね。

comments

KCG2色サルで「EOJ公認企画 第2回GameSpot杯」に参戦!

昨日の記事の続きです。

いや、久しぶりにEOJの情報を調べてみたら、

なんかまたイベントをやっていました。

EOJ公認企画 第2回GameSpot杯」ですね。

で、締め切りは14日…ということで、

「ギリギリセーフ」に弱いぉぅぇぃは、サクサクデッキを作って、参加しました。

一回目のGameSpot杯にも参戦し、

電撃の梅津爆発さんの重機巧デッキに負けてしまったが、

ぉぅぇぃ的に、「おらのデッキは決して弱くなかった!」ということで、

今度も同じコンセプトのデッキで参戦することを決意!

まあ、Set2の宣教師とか、鋼鉄の光とか、

超超超強力カードもありますが、とりあえず無視でゴー!!

ええ、ぉぅぇぃは水土サルへの愛を貫くのです!

しかし、まあ、全く同じデッキでやっても面白みがありませんので、

Set2のカードもいくつか追加して、

コンセプトのカード以外の補助カードを10枚くらい入れ替え、

よりエレガント(?)なデッキに組みなおしました!

その名も、「KCG2色サル」から、「KCG2色サル・改」へ変更!

一応、Set2に入っていた構築済みデッキに対し、

「先攻なら大体勝つ」ことを目安にデッキを作りました。

「後攻でも、時々勝てる」は目安その2ですね。

メタ、メタメタ、メタメタメタ、メタメタメタメタをやっても仕方ないので、

とりあえずGameSpotへ応募したデッキをココで公表します!

GameSpotに送った内容は以下です:

==
1.ぉぅぇぃ
2.KCG二色サル・改
3.
(スペル)
091,092,192,
(火)
001,001,006,014,113,114,
(水)
022,022,024,024,024,033,
(土)
042,042,042,143,145,146,
(木)
059,059,059,060,063,163,
(機巧)
176,176,177,
(無属性)

4.①
5.京都府
6.①
7.宣教師、バトルマスター、鋼鉄の光などを無視して、今回も2色サルにこだわります!
==

というわけで、今回こそ、「運」に頼って、賞品をゲットするのです!!!

comments

EOJのハンドブックを買ってみた

THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION~機神の叛乱~SET.1/SET.2公式ハンドブック (ホビージャパンMOOK 231)

昨日ちょっと重いものを使って筋トレ(?)ぽいことをやりましたので、今日はちょっと全身筋肉痛…。

特に腰がヤバイ。

そのほか、ふくらはぎや腕あたりとかは、ガチガチで石のように硬くなっていて、

歩くだけでもツライ…、トホホ(;´д⊂)。

まあ、それをさておき、久しぶりにEOJの話題です。

セット2の発売と共に、ハンドブックも同時発売されたらしいが、

近所の本屋さんに入荷されていない。

それでアマゾンで注文したが、発送予定が延びに伸びって、

結局ようやく昨日で届きました…。

しかし、昨日はひどく運動疲れしていたので、

寝る前に読みながら…っと思いましたが、

3ページくらい読んだら撃沈…。

で、今日はようやくまともに読んでみました。

で、感想ですが、

全カードリストがあるのは嬉しいし、

各カードに対して、使い方のヒントも書かれているので、

結構実用性が高いじゃないかと思います。

後、EOJの製作者との対談や、

カードイラストの書き下ろしなどもあり、

全体的に結構充実しています。

一言で言えば、値段相応…って感じですね。

Set2発売で、EOJ熱を取り戻すっと思いましたが、

バランスブレーカーの宣教師のこともあり、

3ボックス買ったが、そのうちの2ボックスはいわゆる「丸ごとかぶってるボックス」、
(*ボックスの中のカードがまったく同じ)

しかも、その「丸ごとかぶってるボックス」の中に、

同じレアカードが二枚入ってた…。

つまり、2箱の中に4枚が入っている…ということですね。

ちなみに、この「丸かぶりボックス」の噂を聞いて、

3ボックスは全部違う店(店頭:ビックカメラとイエローサブマリン、通販:アマゾン)で買ったのに、

通販と店頭で同じボックスを買ってしまうことは、

小規模なローカルな問題ではなく、

カード配分のロジックそのものに問題が有ったかと思います。

カードを印刷しているのはMTGを作っているWoTC社だから、

こんな問題は生じないと思っていましたが…。

というか、私も昔々数年間にMTGを合計数十ボックスを買った経験がありました。

「かぶり」経験はまったくなかったのですね。

う~む、正直コレだとモチベーションがあがらないのです。

ゲームそのものはやっぱりかなりよく出来ていると思いますが、

なんだかちょっと興ざめしてしまいました。

まあ、ぉぅぇぃの場合、バイオリズムあわせて、

定期的にゲーム熱がやってきますので、

EOJセット2の楽しさも、その時まで暖めときましょう…。Ψ(`∇´)Ψ

comments

EOJ SET2、参戦!

EOJ(EYE OF THE JUDGMENT)のセット2、

今月末で発売されたらしい。

いや、昨日の記事にも書きましたが、

しばらく遊んでいなかったので、ちょっと情報が遅かったのですね。

とりあえず、セット2の発売でプレイ再開~です。

カード購入のために、KCGから徒歩5分のビックカメラJR京都駅店へ。

セット1の時は、異常なほど品薄が続いていまして、

あっちこっち「カード難民」が出たせいで、

セット2はどこでも在庫はかなり潤沢って噂。

で、実際にビックカメラに行ってみれば、

確かに普通~に置いていましたね。

しかも結構良い値段でした。

1箱4,300円で10%のポイントが付いていますので、

今までの4,788円で1%ポイントの店で買ったぉぅぇぃにとって、

結構お買い得感がありますね。

テーマデッキも1,380円で10%のポイントなので、

今までの1500円前後と比べたら、やっぱり安いですね~♪

前調べしなかったので、とりあえずテーマデッキ2つ(なんとなく水木)とブースター1箱を購入。

家に戻って調べてみたら、

どうやらセット2のブースターを箱買いする時に、

プロモーションカード「炎将軍 ラグ」が付くらしいのですが、

ビックカメラは対象外だったようで、

プロモーションカードを貰えませんでした…。

今度プロモーションカードがもらえる店を探してみようかな~。

KCGIの北にあるカナードに入っている古本市場か、

四条河原町周辺のイエローサブマリーンくらいしか知らないけどね。

で、ブースターから出たカードですが、

ウルトラレア:土のファントムと鋼鉄の光ってカードでした。

土のファントムは「槌の神父 ジルバ」という勇者で、

鋼鉄の光は「0コスト!」で機巧を入れ替え召喚できる一枚制限のエレメントカード。

これは結構強烈なマナ優位を作り出せそうだな…。

しかし、まあ、「機巧の神 ファセウス」を持っていないし、

ハイコストの機巧と言えば、「機巧の龍 ウロボロス」くらいしかないので、

これを上手く使うには、もうちょっとカードをそろわないとダメかもしれませんね。

Set2の機巧テーマ「機神の創造者」に入っている、

「機巧戦艦(バトルシップ)」は一番無難で手に入れそうかも?

で、レアはややハズレ気味かも?

水木のテーマデッキのレアと早速ダブったし、トホホ。

というか、また買ってませんが、火や機テーマのレアとも早速ダブり確定、トホホx2。

なにはともあれ、

まずはComの構築済みデッキに勝って、

全カードを開放しないと話になりません。

折角なので、アニメ・オンにして、

新しいグラフィックを楽しむのも一興だね。

セット1の時に、世話になりまくったEOJ WIKIの、

セット2のカード情報編集は思ったよりも進んでいなかったようで、

チマチマと入れてみました。

幸いそちらで使っているPukiWikiは、

KCGの業務にも使っていたので、サクサク編集~♪

とりあえず自分が持っているSET2の土属性のカードを、

12枚くらい入力しました。

ついでに、新しいカード能力もWIKIに追加してみたり。

編集してみて思うのは、かなりアビリティが増えてるな…っと。

私が入れた分だけでも、

「再生」、「囮」、「陽動」、「マナ破壊」、「墓地サーチ」の5種類がありましたので、

やっぱりSET2でかなりドラマチックな変化が生じてるな~。

こりゃ、慣れるまでに時間かかりそうだ。

comments

詰EOJコンペティション:結果発表

ええ、正直ヤバイです。

なにせ、詰EOJコンペ言い出したのは1月20日、

気がついたら2ヶ月以上過ぎています…。

本来の予定では、2月中旬あたりにすべての処理が終わるハズだったが、

セット2の発売が延びたことで、

思ったよりもモチベーションが下がったこともあり、

学会とか、学校の行事とか、いろいろ忙しかったし、

言い訳ならいくらでも出てきますが、

流石にセット2が出た後だと、

ちょっと遅すぎだな……っと思います。

今更セット1のテーマを貰っても多分あんまり嬉しくないよね(涙)。

折角エントリしていただいたのに、

皆様に申し訳ないです。

ずっとズルズル引き伸ばすわけにも行きませんので、

なにはともあれ、

今日でEOJコンペを片付けようと思います!

というわけで、結果発表です!!

一位:Sengunさん
二位:たけしさん
三位:rymさん

一位のSengunさんはマイナーカードの「ティノアの動秘術」と「ティノアの転秘術」を使った意外性と、

公式ストーリーを絡めたところは非常にグッドですね。

というか、実に言うと、私もあのストーリーを読んでいる時に、

こんな感じな詰EOJできないかな~っと考えていましたので、

それもちょっとポイントになりましたね!

二位のたけしさんですが、

非常にオーソドックスな作りながら、

多様な可能性を見せつつ、

何気に眠り草のようなマイナーカードを混ぜたところもグッドですね。

さらに言うと、一番目にエントリしましたので、

そこらへんもちょっと贔屓目かも?

三番目のrymさんについて、

これは非常に面白い発想ですね。

本来の詰将棋はこのように、

一手一手詰めていくものなんですが、

EOJでやるときは、やや複雑性が高すぎる…のような気がします。

一番大きなネックは相手の手札を知らない…ことですね。

セット2で山札操作や墓地操作のカードが出てきましたので、

もしかしたらセット2のカードも組み合わせてみたら、

非常にいい感じのものができるかもしれませんね!

というわけで、

今回の詰EOJコンペの結果は以上のようになりました。

1位から3位の皆様にメールを送りいたしますので、

もしメールが届いてない…などが不都合が生じましたら、

ここにコメントをしていただけましたら幸いです。

comments

詰EOJコンペ:第二夜

さてさて、サクサク行きます。

詰EOJ第二夜です。

今回はSengunさんの「魔女裁判」です。

特色は公式のストーリーに沿って盤面を設計したことですね。

セット2にエディンの親友が出てきたりしたら更に作りこめますね!

後、なんとEOJオフィシャルウェブも認めた使えないカードNo.1の「ティノアの転秘術」を取り込んだですね…。

雑談はこれくらいにして、Sengunさんの「魔女審判」を楽しめましょう~♪

===詰EOJ:魔女裁判からのコピペ===

『森の民にとって彼女は、聖女、解放者、殉教者の聖エディン・ローズである。
パルマスの信者にとって彼女は、異形者、冒涜者、異端者の魔女エディンである。』

パルマス教の審問吏クグによって聖女エディンが魔女裁判に懸けられる。
その報を聞いた森の民は危険を省みず救出に向かう。
エディンは抵抗をしたが死舞いの一族の裏切りにより身動きがとれないようだ。
今まさに裁かれようとしている我らが聖女を救うことが出来るのか!?

目的:敵の全滅
1:
2:
3:
4:右向き「059/ 女エルフの狂戦士 」:HP1
5:敵の下向き「066/ 死を舞う女エルフ 」:HP3
6:敵の下向き「066/ 死を舞う女エルフ 」:HP3
7:右向き「059/ 女エルフの狂戦士 」:HP3
8:敵の右向き「069/ 異端の審問吏 クグ 」:HP3
9:上向き「068/ 裁かれた聖女 エディン 」HP1
フィールドは全て初期状態
マナ:9

手札:「057/ 迷い弓の女エルフ 」x1、「094/ 迷いの羅針霧 」x1、「096/ クレア・ウィルの旗印 」x1、「101/ ティノアの動秘術 」x1、「102/ ティノアの転秘術」x1

盤面イメージ:

Sengunさんの詰EOJ

===

Sengunさんの詰EOJもシミュレーターに取り込みましたので、

宜しかったらチャレンジしてください!

詰EOJシミュレーター

画面に入りましたら、右上の「詰EOJコンペ:魔女裁判」を選んだ後、「ロード」してください。

次の詰EOJコンペですが、よく見たら、

勝利判定がちょっとややこしいですね…。

というか、いろいろ手を加えないと、自動で出来なさそう。

どうするかについて、ちょっと考案したいと思います。

comments

詰EOJコンペ:第一夜

さ~て、パソ子も帰ってきたし、ようやくEOJプロジェクトを再開できます!

というわけで、非常~に長い間を空いてしまいましたが、

詰EOJコンペについて進めて行きたいと思います。

というよりも、実はぉぅぇぃはシミュレーターに慣れてしまって、

シミュレーターがないと、どうも解けなくなってしまったようで…。

実はパソ子が居ない間、コンペの評価をしようと思いましたが、

30分かかっても一つも解けなかった…or2

解けないのに、評価できるわけがなく、そのままず~っと放置してしまったわけです。

しか~し、パソ子が帰ってきた今、

詰EOJをシミュレータに組み込んでしまいましたら、

非常に試しやすくなりますので、

とりあえず、今日はたけしさんのエントリを組み込み、

早速試してみました!

ふむふむ、たけしさんの詰EOJはかなり良くできています。

ポイントはマナ・チャージの手段ですね…。

後、眠り草という、マイナーなカードを使ったのもポイント高いです!

意外に嫌らしいですね、眠り草。

まあ、せめて攻撃力1があればな…。

===エントリのコピペ:たけしさんの詰EOJ===
目的:敵の全滅

マナ:3(チャージ済み)

クリーチャー配置
F1:水/機 :空き
F2:火/水 :敵の↓向き「パートモールの火蜥蜴兵(004)」  :HP2
F3:木/機 :←向き  「異端の審問吏 クグ(069)」    :HP2
F4:土/火 :敵の→向き「火を練る修験者(007)」      :HP3
F5:機    :←向き  「機巧近衛兵(075)」        :HP2
F6:水/木 :敵の↓向き「心奪の触手(023)」        :HP2
F7:火/機 :空き
F8:木/土 :敵の↑向き「眠り草(058)」          :HP2
F9:土/機 :↑向き  「パートモールの焔吏(010)」    :HP3
(フィールド状態は前が表/後が裏)

手札:
「火に仕えた魔道師(001)」x1、
「緑の侍 柳楽衆(060)」x1、
「パルマス教の聖宴(091)」x1、
「迷いの羅針霧(094)」x1、
「ゴーリの地割れ(098)」x1、

盤面イメージ:

たけしさんの詰EOJ

===

たけしさんのエントリを取り込んだ詰EOJシミュレータを公開しますので、

皆さんも宜しかったら試してみてください。

詰EOJシミュレーター

画面に入りましたら、右上の「詰EOJコンペ:たけしさん」を選んだ後、

「ロード」をクリックしていただけましたら、

たけしさんのエントリをチャレンジできますよ!
(*ロード失敗しましたら、1~2秒の間隔を置き、もう一度ロードしなおすと直る場合があります。)

後二つの詰EOJ、楽しみですね!

余談ですが、詰EOJシミュレータについて、次のステップとして、

セット2対応を進めたいと思います。

出来れば、正式発売の前に、既に発表されたカードらを導入したいと思います。

しかし、実装しにくそうアビリティがいくつも追加されたので、

現在の設計では、対応できないものもある。

設計をやり直さないのう…。

個人的に、「結界」と「哨戒」は実装しやすくて、

「山札サーチ」、「帰還」、「墓地戻し」はちょっと面倒くさくいが、

「祭地」はありえんわ……。

一つのフィールドに複数の属性を持てるのは全くの予想範囲外だったので……。

とはいえば、よく考えたら、これは設計の未熟さから出る問題ですね。

属性をフィールドで頻繁に「getFieldElement()==Card.FIRE」のような記述ではなく、

「isFieldElementEquals(Card.FIRE)」のようなメソッドで扱うようにしたら、全く無問題なのにな……。

まあ、仕方ない、時間できたらまた考え直しましょう…。

comments

詰EOJコンペティション(‘◇’)ゞ

前に話しに出た「ソニーからのプレゼント」の件の続きですが、

もらったテーマデッキの中に、三つかぶりがありました。

折角のプレゼントなので、売るのもなんやし、

必要としている初心者の方にお譲りしようかと思います。

(*それより最近カードなかなか買えなくて、
それで困っている人も居るかと…。)

しかし、数は僅か3個しかありませんし、抽選するのもなんだか味気ないので、

本ブログが推奨している「詰EOJ」のちょっとしたコンペでもやろうかと思います。

詳細については、以下のようになっています。

==

ユーザイベント・詰EOJコンペティション
http://blog.kcg.ne.jp/leeway/?p=2240

1.参加条件:
賞品希望の場合:日本国内在住(郵送の都合上)。
参加したいだけの場合:ありません。

2.賞品:
1位から3位まで、
順番に沿ってEOJのテーマデッキ(火、土、水)の中から一つを選んで頂きます。
(すでに所有している方は辞退OKです)

3.エントリ賞:
ぉぅぇぃの余りアンコ・コモンカード
対象はエントリした希望者全員、詰EOJの優劣を問いません。

希望者は、欲しいコモン・アンコのリストを教えていただきましたら。カードを送ります。
(当たり前ですが、数に限りがあります。原則的に先着順で。)
(コモンなら各種類12枚くらい余っていますが、アンコは各種0~8枚くらいでかなりバラバラ)

4.エントリー方法:
エントリーは、
(http://blog.kcg.ne.jp/leeway/?p=2240)のコメント欄に記入してください。
連絡先として捨てアドもあわせて記入してください。
後、エントリ賞希望の場合は明記してください。
希望者のみ、こちらから捨てアドまでメールで連絡しますので、
希望コモン・アンコのカードリストはメールでお願いします。

エントリ期限は2008年1月31日までとします。

フォーマットは問いませんが、分かりやすく書いていただけたら幸いです。
書式は本ブログの詰EOJの記事を参考してください。
(ストーリーは必須ではありませんが、あったほうが有利かも?)

なお、エントリして頂いた詰EOJは、
自家製の詰EOJシミュレータに組み込み、
EOJの普及のために、いろんな人に遊んでもらえたら…と考えております。

5.選考基準について:
ぉぅぇぃの独断で決めさせていただきます。
基本的に:
→へぇ~このカードこんな斬新な使い方あるのか!
→うぉ~これは痛快だ!
→まさに一発逆転!
→○○(エディン様・ヒルダ様・戦車・ゴブリンなんでも)萌え~(???)
って感じで実用性・インパクト・面白さなどを基準に判断したいと思います。

なお、結果発表は二月中旬に予定しています。

6.賞品・エントリ賞の発送:
適当な封筒に入れてメール便で送りたいと考えています。
乱暴に扱う予定はありませんが、
カード状態についてはノークレームでお願いします。

郵送費は基本的にこっちで負担しますが、
気になる方は、カード届いた後、
郵送費相当のトロステアイテムを適宜に送ってもらえばよいかと。

7.スポンサー募集について
コモン・アンコモンの希望者が多数の場合、
スポンサーを募集しようかと思います。

大量に余っているプレイヤーも居るかと思いますので、
EOJ普及のために、一役買っていただけたら…と思います。

詳細については、実際の希望の状況を見て、アナウンスしたいと思います。

この募集情報はコピー・リンクフリーです。
EOJ関連の掲示板などに転載してもらえば幸いです。

==

と、まあ、こんな感じです。

「なかなかブースター手に入れられないヨ!」や

「10パック買ったけど、ゴールの祭壇と召喚士メスマーの失敗出ねぇ~ヨ」のような方に、

ぜひオススメしたいと思います。

なお、賞品と関係なく、

単純に詰EOJをチャレンジしてみたいというEOJベテランも大歓迎です。Ψ(`∇´)Ψ

みなさんの豊富な経験に基づくイカスな詰EOJをお待ちしております!

comments

詰EOJ(8):ああ~ヒルダ様…。ヽ(;´Д`)ノ

一ヶ月ぶりの詰EOJです。

いや、最近ちょっと本ブログにおける詰EOJの人気が低迷していて、困っていました。

誰も解答してくれませんし…。ヽ(;´Д`)ノ

ちょっとションボリしてて、更新をサボってしまいました。( ̄。 ̄)y-~~

しかし、GameSpotさんの1月15日の

「EOJ公認企画 第1回GameSpot杯」決勝1回戦!』記事を見ましたら、

すでにユーザーでやっている方がいるけど、

詰め将棋のような「詰めEOJ」もやってみたい。

と書かれていましたので、もしかして少しだけ世間に認知されている?

っと思いましたので、ちょこっと続けようかと思います。(‘◇’)ゞ

いや、そもそも自己満足で始まったものなので、

別に人気が無くでも良かったのですが、

一時期、いろんな方がコメントを書いてくださったので、

なんか欲が出ちゃうよね。

人間って、フクザツなモノです…。( ̄。 ̄)y-~~

さて、前置きが長くなりましたが、サクっと本題に入ります。(‘◇’)ゞ

まず、前回の「機巧哨戒虫の脱走劇」の解答から。

==

マナリリース!
P1の2マナがリリースされ、マナは4になりました。
P1はF1に[癒しの慈雨]を↑で詠唱!
F1にあるP1の機巧哨戒虫のHPを3ポイントアップ!

F1の機巧哨戒虫・再攻撃
マナリリース!
P1の2マナがリリースされ、マナは2になりました。
ターゲットを選択してください。
F1にあるP1の機巧哨戒虫が
 F4にあるP2の機巧乱破 鉄猿を攻撃
F4にあるP2の機巧乱破 鉄猿に0ポイントのダメージ!
機巧哨戒虫の[移動]!

P1はF5に[迷いの羅針霧]を↓で詠唱!
P1はF9に[迷いの羅針霧]を←で詠唱!
P1はF4に[迷いの羅針霧]を→で詠唱!

マナリリース!
P1の2マナがリリースされ、マナは0になりました。
P1はF5に[叛逆者シオン 煽動]を←で詠唱!

F5にあるP2の機巧の継承者 ウォマックが
 F7にあるP1のセ・ホーリンの不敗砦を魔道攻撃
F7にあるP1のセ・ホーリンの不敗砦に2ポイントのダメージ!

F4にあるP1の機巧哨戒虫が
 F5にあるP2の機巧の継承者 ウォマックを攻撃
F5にあるP2の機巧の継承者 ウォマックに0ポイントのダメージ!
機巧哨戒虫の[移動]!

F2にあるP2の機巧巨像が
 F5にあるP1の機巧哨戒虫を攻撃
成否判定!50/100以上で成功!(結果:74)
ミス!
機巧巨像の[移動]!

F9にあるP2の機巧星球兵が
 F8にあるP1の機巧哨戒虫を攻撃
成否判定!50/100以上で成功!(結果:87)
ミス!
F8にある機巧哨戒虫の反撃!
F8にあるP1の機巧哨戒虫が
 F9にあるP2の機巧星球兵を攻撃
F9にあるP2の機巧星球兵に0ポイントのダメージ!
機巧哨戒虫の[移動]!

ミッション・コンプリート!

==

と、まあ、こんな感じですね。

この詰EOJは完全なネタで、実用性は全くありませんが、

「1ターンの中で、Cは最大どれくらい移動できる?」という遊び心から始めましたら、

個人的に、スラスラと移動している様子は意外と面白かったです。ъ(`ー゜)

今回のもっとも重要なポイントは[叛逆者シオン 煽動]のルールですね。

ターゲット自動選択のルールを覚えとかないと、

この詰を解くのはかなり難しい。

ちなみに、「煽動」の自動ターゲット選択のルールは、

公式サイトのQ&A:『叛乱者シオン 煽動』を使ったとき、自動的に対象が決定されました。どのように対象を決定しているのですか?に掲載されています。

簡単に言うと、物理攻撃のCの優先選択順は、前→左→右→後→(遠い)「前→左→右→後」で、

魔道攻撃のCの優先選択順は「左前から右後ろへ。前は左より優先」って感じですね。

さて、次は詰めEOJのシリーズ第8弾ですね!

最近ミクシーのEOJコミュで、

トレードで「ヒルダ獄長」を手に入れましたので、

それを記念に、鞭を振り回すセクスイなヒルダ様をテーマにしました。(*゜ー゜)v

===詰EOJ:ヒルダ獄長===

火の反逆者、ヒルダ獄長。

彼女は嘆きの荒野にある黒山羊獄舎の獄長です。

ヒルダはディーディーと深い関わりを持っている。

ルパンと不二子のような関係なのか、

島耕作と典子ママのような関係なのか、

あるいはどのような関わりなのか、誰も知らないが、

獰猛なディーディーも、ヒルダの前に出たら、

かわゆい子猫のように振舞うことは、

カイ・シエイ同盟の同士の間では、誰もか知っている事実です。

今日も、戦場のヒルダ様は色香を振り撒き、

ディーディーも含む、男性Cはヒルダ様にメロメロにされた。

気が付いたら、身動き一つとることが出来ない。

この大変な苦境を解決出来るかどうかは、あなたの腕次第です。

-

目的:敵の全滅

1:敵の上向き「セ・ホーリンの不敗砦(045)」:HP2
2:左向き「パートモールの火蜥蜴兵(004)」:HP4
3:
4:敵の右向き「ヒルダ獄長(015)」:HP6
5:
6:左向き「ノヴォガスの攻城弓(043)」:HP1
7:上向き「啓示を受けたディー・ディー(014)」:HP4
8:敵の左向き「緑の侍 柳楽衆(060)」:HP4
9:敵の上向き「護民の剣奴 アルレイ(050)」HP4

マナ:6

手札:「夜狗叉の乱破 土蜘蛛(042)」x1、「緑の侍 柳楽衆(060)」x1、「パルマス教の聖宴(091)」x1、「迷いの羅針霧(094)」x1、「ゴーリの地割れ(98)」、「トリコア大地震(099)」x1

盤面イメージ:

ヒルダ獄長

JAVAアプレット版詰EOJオススメ!

(*右上の「ヒルダ獄長」を選択して、「ロード」してください)

===

ヒントは、ヒルダ様の憑依能力ですね。

「わからんわ~」っと思う方は、EOJ WIKI様のカード詳細「ヒルダ獄長」をじーっと読んでみてください。

以下注意書きテンプレ:

==注意書き==

操作の仕方は、「楽しくプログラミング」をご参照ください。

まあ、見なくても、EOJを持っている方なら、

触ってみれば動かし方は大体分かるかと思います。ъ(`ー゜)

触ってみて、何か不都合、バグやロジックの誤り、改良点が見かけましたら、

教えていただけました幸いです。_(._.)_

下のほうまで一気にスクロールすると、

他の方の解答を見てしまい、ネタバレの恐れがありますので、

気をつけてください。(‘◇’)ゞ

なお、入力ミスがあったり、「詰」が甘かったりする可能性もありますので、

「ここはオカシイ」とか、

ご意見がありましたら、ぜひお願いします。(‘◇’)ゞ

comments

SCEからのプレゼント!Ψ(`∇´)Ψ

今日帰宅しましたら、お嫁様が「ソニーから小包届いたよ」っと。

「アレ、特に何も買ってないけど…。」と思って、

小包を見たら、PSPのオレンジ色の袋でした。

「むむむ、ウチPSP無いし…、なんだろう」と、

小包を開けたら、な、なんと、

EYE OF THE JUDGMENTのテーマデッキが入っているではありませんか!Ψ(`∇´)Ψ

前の「EOJ公認企画 第1回GameSpot杯」の結末」の時に、

『第一回 EOJガチンコマッチプレゼント当選のお知らせ』という話がありましたが、

まさにその時に当選したモノですね!(゜▽゜)

で、特に面白いと思ったのは、送り状です。

いや、これは遊び心たっぷりですね~っと思いました。

見た目はこんな感じ

ソニー・コンピューター・エンタテメントからの送り状↓

EOJプレゼント

いや、こんな感じな送り状を送ってくるとは思わなかったので、

めちゃビックリしました。(・◇・)

ちなみに、宛名はぉぅぇぃのオンラインID(pug=パグ入り(゜▽゜))で、
(*少しモザイク入れさせて頂きました。)

文面は


この度は『EOJガチンコマッチ』にエントリーしていただき、
ありがとうございました。
既にご連絡させていただいた通り、厳正なる抽選の結果、
「テーマデッキ5種セット」に当選されましたので
ここに発送とさせていただきます。
今度とも『EOJ』をよろしくお願い致します。

『EOJ』制作スタッフ一同

いや、嬉しいですね。Ψ(`∇´)Ψ

さて、ダブったテーマデッキもありますので、

どうしょうかな~っとちょっと考えています。

当選されたものをオークションとかに出すのも無粋なので、

何かを主催して、プレゼントにしようかな~っと考えています。(゜▽゜)b

リーグ戦とかをやってもいいけれど、

それより、運を絡まない「詰EOJ」で発想力を勝負するのも一つの手だな~っと思ったりします。

とりあえず、方針決まりましたら、

改めて報告させていただきます。(^~^)

comments