銭形平次捕物控002

ども,サスペンダーです。

8月になりました。毎日暑いですね~。

さて,今回ご紹介するのは,野村胡堂著 「銭形平次捕物控 002 振袖源太」です。

zenigata002

またもや銭形平次です。
今回もテンポよく,なぜそうなった?なぜ犯人が分かった?などの謎解きはありません。
おそらく,平次は勘がいいんですね。

テレビの平次は,ここぞの時に銭は投げて犯人などを捕らえるのが気持ちいいのですが,この原作は違うんです。
まずは,銭ですが,確かにここぞの時なんですが,犯人にというわけではありません。
例えばこの巻では,自殺しそうなおじさんに投げて自殺を辞めさせるだけなんです。
しかも,おじさんはその後,平次に感謝ではなく,「何をするんだ!痛いじゃないか!」(現代的に言えば)と文句を言います。
平次は人情派なので,犯人を追い詰めて,逃がします。
上司の侍からは,縮尻(しくじり)平次といわれます。
この辺りは,ルパン三世の銭形警部と似てますね。

おススメは★★★

それでは。

comments

風よ、万里を翔けよ

ども,サスペンダーです。

今回は,田中芳樹著 「風よ、万里を翔けよ」です。

muran

 

主人公は,隋の時代に父親代わりに従軍した男装の少女「花木蘭」です。
読み始めて,ディズニーの「ムーラン」に似ているな~と思いました。
でも,中国の話の中にはよく似た話がいっぱい出てきます。だから,今回もそんな話はよくあるんだろうと思っていました。
時代は,隋で,ストーリーもほとんど隋の文帝(楊堅)~煬帝までの話で主人公はところどころに出てきています。この時代のことは,隋唐演義(安能務著)や李世民(小前亮著)で大体のことはわかりますが,2冊ともどちらかというと唐からみた時代です。この本には唐(李淵や李世民)はほとんど出てきません。隋がどのように繁栄し,どのように滅びたかがよくわかります。
また,中国史上最悪の皇帝と言われる煬帝ですが,なんだか憎めない気もします。
そんなこんなで,最後に隋は滅亡(煬帝暗殺)し,木蘭は無事家に帰ることができるというお話です。
田中芳樹といえば,「アルスラーン戦記」や「銀河英雄伝説」などファンタジーやSFを多く手掛けていますが,中国史ものも多くあります。この時代を描いた「隋唐演義」もあとがきで「だれも翻訳してくれないので自分でした」とありました。僕が読んだのは安納務ものですが,いつかは田中芳樹の「隋唐演義」も読みたいと思います。

そうそう,あとがきの最後にこのようなことも書いてありました。
「木蘭の話は,ディズニーによって,『ムーラン』という映画が作成された」
なに!
そういえば,木蘭ってムーランと似ている。
よく似ていると思って読んでたけど,似てるんじゃなくてムーランそのものだったのね。

おススメは★★★★

それでは。

 

 

 

 

comments

銭形平次捕物控001

ども,時代劇ファンのサスペンダーです。

時代劇が好きなんです。
時代劇といえば,水戸黄門でしょうか?大岡越前でしょうか?暴れん坊将軍?大江戸捜査網?
やっぱり,銭形平次でしょう。

ということで,今回は前回からのつながりで,野村胡堂著 「銭形平次捕物控001 金色の処女」です。

zenigata001

もちろん,パブリックドメインです。
これ,意外と短くって,紙の本にすると19ページくらい。
ちょっと空いた時間で読めてしまうんです。
なぜ,こんなに短いかというと,かなり端折ってあります。
なんというか,細かいことは気にしない。どちらかというと読者の想像でカバーするような感じです。
だから,面白い!スピーディーなんです。
確かによくわからないところもありますが,それはそれ,そういうもんなんだろうという感じで読んでいく。過程より結果という感じです。だから,そこのところが気になる方には向かないかも。
ただ,気になるのは旧漢字で旧仮名遣いなんです。
読めない漢字もありますが,気にしない。
でしょう。っていうのが,でせう。になっていても気にしない。
わからないことは気にしない。
でも,面白い!

もちろん002も買いました。

おススメは,★★★

それでは。

comments

幻術天魔太郎

ども,銭形平次の歌が回っている,サスペンダーです。

なぜ,銭形平次かというと,
っていうか,そもそも銭形平次を知っていますか?
時代劇です。
ここぞというときに,銭を投げるんです。
もちろん100発100中。
この銭形平次の子孫が,ルパン三世に出てくる銭形警部(とっつぁん)という設定。
小さいころ,よく観てました。僕の中で銭形平次といえば,大川橋蔵です。
調べたら,全888話でギネスに登録されているんだそうです。
次が暴れん坊将軍だそうです。
で,なぜ銭形平次かというと,今回ご紹介する本の著者が野村胡堂なんです。
つまり,銭形平次の原作者というわけです。
紹介するのは,「幻術天魔太郎」です。
tenmataro

表紙がシンプルでしょ。kindleで無料,いわゆるパブリックドメインってやつです。

時代は,江戸時代,三代将軍徳川家光の命を狙う少年,駿河太郎の物語です。
短編ですが,太郎の活躍が面白い物語です。
おススメは★★★

comments

おもてなしの神様が教えてくれたこと

ども,サスペンダーです。

今回は,鎌田 洋(著) 「おもてなしの神様が教えてくれたこと」です。

おもてなしの神様

ディズニーの「神様が教えてくれたこと」シリーズの第4弾です。
(1:掃除の神様,2:サービスの神様,3:ありがとうの神様)

今回は,ありがとうの神様のように,涙する話ではなかったかと思います。
しかし,社会人はもちろん多くの人に読んでもらいたい一冊です。

東京オリンピックが決まったとき,「おもてなし」という言葉が流行りました。
僕は,サービスを言い換えただけだと思っていましたが,そうではなかったのです。

全ての人に「おもてなし」がしっかりできるよう精進していきたいと思います。

おススメは
★★★★

comments

機動警察パトレイバー4 ブラック・ジャック

ども,サスペンダーです。

久々の投稿です。

今回も,機動警察パトレイバーです。
5冊セットで買った電子書籍も最後になりました。
しかも今回は,前編,後編の2冊です。

パトレイバー ブラックジャック前編パトレイバー ブラックジャック後編

今回は,あの後藤隊長の過去がわかります。
なんと,あの後藤隊長は・・・おっとネタバレするところでした。

今回にてパトレイバー卒業です。

パトレイバーのことwikiとかで調べたりしたら,初期設定では,火浦功もかんでいたなんてこともわかってビックリ。あのガルディーンも関係がないわけではないこともわかりました。(ほとんど関係ないけどね)

それでは。

comments

機動警察パトレイバー3 サード・ミッション

ども,サスペンダーです。

2月になってメチャクチャ寒かったり,温かかったり気温の差が激しいですね。
こういう時は,体調を崩しやすいので注意します。

インフルエンザがすごく流行っていますね。
我が家では,子供が罹り,やっと幼稚園に行ったかと思えば学級閉鎖からの休園でまたまた休みです。

さて,今回もパトレイバーです。
PATLABOR3
小説版第3段です。
今回は熊耳警部の過去(香港)の話と,ひろみちゃんの話の2本だて。
一応,パトレイバーは出てきます。(ほんのちょっと)

comments

機動警察パトレイバー2 シンタックス・エラー

ども,サスペンダーです。

新年最初に読んだのは,昨年からの続きで「機動警察パトレイバー」です。

PATLABOR2

 

人間ドラマです。
パトレイバーはほとんど出てきません。
でも,これは「機動警察パトレイバー」です。

comments

機動警察パトレイバー 風速40メートル

明けましておめでとうございます,サスペンダーです。

今年最初の投稿ですが,年末に読んだ本です。

PATLABOR5

年末に,三重の実家に帰った時に,kindleを持って帰ったので,軽く読める本ということで,パトレーバーを選択。
ただ,5巻セットです。いくら軽くても5巻は無理なので,とりあえず1巻だけ。

PATLABOR1

これは,劇場版第1作を含む2本立てです。
劇場版は何度も観たので,懐かしく面白かったです。

続いて2冊目に突入しましたが,年末年始の忙しさで進んでいません。
今年はまずこの5冊読破から始めたいと思います。(今年中に読み終わるんだろうか?)

comments

春秋戦国500年の興亡

ども,サスペンダーです。

今日はクリスマスです。
昨夜は,我が家でもささやかなクリスマスパーティーをし,家族でそれぞれプレゼントを交換しました。そして,もらったものがこちら↓

春秋戦国500年の興亡

これは,いい本です。
例えば,春秋五覇が,史書によって違うのは知られていますが,それらが一覧で見られます。
これは素晴らしい!
そして,春秋戦国時代の流れがわかります。

おススメは,★★★★

comments