数式処理もできるハンドヘルドPC TI Nspire CX CAS

数式処理もできるハンドヘルドPC TI Nspire CX CASを購入しました。いまさらながら,すごいですよ。日本の代理店の情報を読んでみましょう。

Naoco Inc. TI-Nspire CX CAS <数式処理、グラフ、電卓、幾何、統計ソフト>

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

 

これに超音波距離センサーを付けてみましょう。CBR2は旧製品です。現在ではGo Motionを購入する方がいいでしょう。私は,CBR2をお借りしてハンドヘルドPC TI Nspire CX CASに接続しました。すると,自動的に認識してアプリが起動します。

Go! Motion Sensor

Go! Motion Sensor [不明]

出版社: Vernier Software

商品カテゴリー: Tools & Hardware

特徴: Go! Motion Sensor

Supported by amazon Product Advertising API


TI CBR Motion Sensor

TI CBR Motion Sensor [不明]

出版社: Texas Instruments

商品カテゴリー: エレクトロニクス

特徴: TI CBR Motion Sensor

Supported by amazon Product Advertising API

ところでマニュアルの概要は以下の通りです。

/manual_hunbun

英語のマニュアルは以下のサイトにあります。言語を選べば,中国語やドイツ語も選べます。

Getting Started with the TI-Nspire™ CX / TI-Nspire CX CAS Handheld by Texas Instruments – US and Canada

レファレンスもあります。

TI-Nspire™ CX CAS Reference Guide by Texas Instruments – US and Canada

 これはグラフ電卓の延長にあるのですが,あまりに高性能なため,グラフ電卓とならず,ハンドヘルドPCとよばれるようになったそうです。

【参考】

TI-Nspireシリーズ – Wikipedia

書籍は以下のものが参考になるようです。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

 【ブログ内記事】
グラフ電卓TI-nspire CXはすごい! | オブ脳@kcg

知人が科研費ゲットでグラフ電卓 | オブ脳@kcg

グラフ電卓で実験 | オブ脳@kcg

大プ会 | オブ脳@kcg

アメリカの線形代数の教科書 | オブ脳@kcg

comments