パン屋さんのお話。

こんにちは、ペンギンです。

いやー、微妙に涼しいですねー☆

ここのところ、微妙に夏ばて気味で、わりと多くのことに無気力の無感動の無関心な状態が続いていたので、ちょっと凹んでいたのです。

服を見に行ってもテンションが上がらなかったし・・・。これって私的には、結構、重症。。。

とりあえず、小さく小さく悲しむ日々でした。

で。

涼しくなり、活動しやすくなったので、最近はちょこちょこと暇を見つけては出かけるようになりました☆

ビバ、お出かけってやつです。

今日は久しぶりに行った、大好きなパン屋さんでのお話でも。

私はどちらかと言えば、ご飯よりもパンが好きです。まあ、だからと言って、

「○○がないなら、お菓子を食べればいいのに」

ってほどのハイレベルな気持ちは持ち合わせていませんが、うん、パン好きです。

それで、たまにあちこちのパン屋さんに出かけていって食べることを趣味としていたりするのですが、今のところのお気に入りは近所のこじんまりとしたお店でして。

何度も通ううちに、ちょこちょこおしゃべりをするようになりました。

で、そこのオーナーさんがこんな話をしてくれました。

「最初、店を出すまではね。いろんなアイディアもあったし、そんなにネタ切れすることもなかったんですよね。それでそれなりの種類をそろえて、お店をオープンしたんですけど・・・。当たり前だけど、自分が”コレがいい!”って思って作ったパンたちにも順位がつくんですよ」

「売り上げの?」

「ええ。それでね、人気のないパンをなくしたり、新しいのを足したり。でも、うちは小さな店だから、人数が少ない分、出てくるアイディアも限られてるんです。
なので、休日にはよそのパン屋さんを回ってみて新商品のヒントを探したり、それらを固めてみたりして。
新作が定期的に出ないと、客足が落ちてしまうんです。売れ筋上位のものは確かに午前中で売り切れたり、取り置き希望の人もわりとおられるんですけど、ずっとそればかり作っていたら、今度は新鮮味がないって飽きられちゃいますから・・・。常連さんをひきつけて、新しいお客さんにも気に入ってもらえるラインナップって難しいですね」

「なるほどー」

「なんというか、さじ加減がね・・・。私も修行中ですわ」

普段、何気なく通っているパン屋さん。
そこにもいろいろな試行錯誤やドラマがあるんですねー。
当たり前かもしれないけれど、ちょっと考えてしまいました。

お客様の求めるものとは、何か?

でもこれって、いろいろなことにも言えますよね。
ビジネスや商売はもちろん、人間関係も。

相手が求めるものとは、何か?
対して、自分にないものは何なのか?

場を円滑にするために、売り上げをよくするために、人に好かれるために。

それらの結果を上げるためにはリサーチや他者の視点から考えることは必須で、それだけではなく、自分の感覚というものを出来るだけ相手のそれに近づけようとする努力が必要なのでしょう。

つまり、独りよがりになっていては、前に進まない・・・というか、そういう感じなのではないかなーと。

『世の中って、複雑なようでいて、根本的な部分はとてもシンプルなのかもしれないなー。』

とりあえず、私もできるだけ気をつけよーっと。

パン屋さんのおかげで、ちょっとだけ賢くなりました。どうもありがとう♪
今後の人生の糧にしたい、そんなお言葉でした。

・・・・・・というわけで、今日もダラダラ書いてしまいましたが、お時間です。

comments

CanCam10月号を読んでみよう☆

CanCam (キャンキャン) 2008年 10月号 [雑誌]
こんにちは、ペンギンです。

いやー、涼しいですねー。
こんな夕暮れ時には、ベランダに出て一杯・・・っといってみたいなーと思う、今日この頃(*^-^*)

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

昨日、レビューを上げましたCanCam9月号に続きまして、今日書きますのはコチラです☆

CanCam 10月号 (集英社)

・・・もうねー、自分でも思いますよ。

「どれだけ、CanCam好きやねん」

って。

でもね、仕方がないんですよ。

新号が出ちゃったんですもの。
買っちゃったんだもの。
書きたいんですものΨ(`∇´)Ψ

ってなわけで、2日連続のCanCam簡単感想文の始まり始まり~♪

『小悪魔レディなアニマル、インパクト☆ロック・・・「カワイイ」「欲しい!」連発必至の新作小物ざっくざく! 今年、トレンド小物はちょいハデ&モード系! 本命(ハート)秋小物HIT☆リスト230 〔大特集〕2008秋、流行はCC(キュート&クラシカル)エレガンス!』

はい、きましたー。
今号の特集、今回も長いです☆

内容ですが、いろんな色の小物があって、見ていて楽しいです♪
ブラック、シルバー、レッド、ベリーなどなど・・・。今季のトレンドがいっぱい☆
それぞれが、春夏の明るい色味から暗めの落ち着いた感じになったところに季節感が漂っていました。
あと、秋冬ならではの、”モコモコ素材”も登場してきて、なかなか可愛かったです♪

構成としては紙面に詰めこみすぎず、かと言って隙間ありまくりではなく、ほどほどの間隔で商品を散りばめていて、見易かったです。

イメージ的に・・・・・・なんて言うのかな、ピーチジョンのお店に似ているような気がしました。
引き出しを開けたら、いろんな商品が出てくる・・・みたいな。

うん、そういう感じがしました。

さて、次の特集いってみましょー。

『こんなシーンのとき、こんな気分だから、こんな服着たい! をリンクさせた方程式。「CCエレガンス」の新・王道スタイルはこれで決まり! シーン&気分別「CC(キュート&クラシカル)エレガンス」NEW王道スタイル大発表!』

まず、特集のトップに、

『NEW王道スタイル1 仕事がデキる風に見せたい!なら テーラードジャケット×チュニック×カプリ』
『NEW王道スタイル2 お嬢さんっぽく見せたい! なら フリルブラウス×ひざ上5cmスカート』

といった具合に、CanCamが今季に提案する7つの王道CD(コーディネート)したモデルさんたちが登場~♪
並べて見て、1つ1つのスタイルに微妙なテイストの違いがあるのがわかるようになっています。

そしてその次のページで、CanCam読者アンケートの結果をふまえて作られたマトリックスで、前ページの7つのスタイルを当てはめて見せています。

・・・ってか、マトリックスとは・・・わかりやすい♪
いろいろな意見も一緒に書いてあるので、読み物としても楽しいし、何よりイメージがこちらに伝わりやすいように作られている感じがして、なかなかイイです♪

うん、コレはいい♪

イメージを掴んだところで、それに続くページで、どんどんコーディネートを展開しているのが”ファッションはまさに勉強なんだ~!”とうなづかせる内容になっています。

・・・それから、次に注目したコーナーは・・・。

『蛯原友里、12月号でCanCamを卒業します!』

へぇー、なるほどー!
だから、ずっとあったコーナーの『月刊 えびちゃんねる。』が先月号で終了したんですね~!

なんかちょっと納得・・・。

そっか、エビちゃん、ようやく卒業ですか・・・。
・・・と、ここで”ようやく”と言ったのは別に悪意があるわけではなくてー。

エビちゃん、28歳なんですよ。
いや、別に女性は見た目年齢というし、モデルさんとして全然イケてるから、個人的には好きなモデルさんの1人だったりするんですけど・・・。

でもね、CanCamの読者層は・・・読者モデルさんの年齢から推測するにおそらく20代前半。エビちゃん以外の専属モデルさんも、ほぼそれくらいだったので、ちょっと気になっていたのです。

いつ卒業するのかなーって。

一般的に”卒業”したら・・・そのさらに上の年齢層をターゲットにした雑誌に移ることが多いようです。
なので、エビちゃんの場合は次の専属先はAneCanだそう。

正直、AneCanのテイストは若干、辛めの気がするので、これまで敬遠気味だったのですが・・・。これを機会に、ちょっとだけ読んでみようかしら?

とりあえず、少しだけ気になっています。
1月号からかー・・・考えとこーっと。

さて今号のCanCamですが、珍しくおまけがついていました。

『特別付録 エビちゃんデザイン ランチタイムトート』

その名のとおり、お弁当箱が入るくらいのトートです。
ちょっと他と違うのは、フリルがついていることかな? テイストとしては、彼女がデザインしているサマンサタバサのバッグに似ている気がします。

商品の用途上、濡れてもOKなように作ってありますが・・・、うぅーん・・・どうなんだろ?
たぶん、KCGに通うくらいの女の子が持つとカワイイと思います。どピンクってわけじゃなくて、ほどよいパープルだし、小物を入れて持ち歩くのにも便利かな?

私には・・・・・・MORE7月号のジルスチュアート のランチトートの方が合ってる気がしますけど・・・。これはあくまで年齢とキャラクターの問題のような気が。

夏休みが終わって、KCGの可愛い学生さんたちに会えるのを今から密かに楽しみにしたいと思います♪

・・・・・・というわけで、今日もダラダラ書いてしまいましたが、お時間です。

マタキテネーー(‘∇’)

comments

CanCam9月号を読んでみよう☆

CanCam (キャンキャン) 2008年 09月号 [雑誌]

こんにちは、ペンギンです。

いやー・・・、涼しくなってきましたねぇ♪
まだ8月も終わっていないというのに、この涼しさ・・・。

なんだかちょっと風邪をひいてしまいそうです(;´д⊂)
・・・いや、昨日の体調不良は、食あたりによる発熱ですけどね・・・・・・ま、別にその話はいっか♪

・・・・・・というわけで、久々にファッション誌の簡単感想文コーナーです☆

今回の1冊はコチラ☆

CanCam 2008年9月号 (小学館)

カバーガールは、お馴染みのCanCam看板モデルことエビちゃん♪
今号はパリに行ったりなんたりでお疲れだったのか、どことなく表情が冴えないような気がして、個人的にとっても気になりました。

毎号、ほとんどトップにきていたコーナー”月刊 エビちゃんねる。”も、今号で終わってしまうし・・・。

夢を売る仕事って大変ですね~。
がんばれ、エビちゃん~~ヽ(;´Д`)ノ

さて今回、注目した特集はコチラ☆

『大特集 「カワイイ」の大人化計画が始まります! ♯01 今月は憧れのパリからON AIR♪ モード発信地でおしゃれの刺激をたくさん受けたエビちゃんが、気になる秋の流行NEWSをお届け! EBI’sトレンド通信Vol.6 エビちゃんがパリからお届け! 秋の流行「コレが気になる!」キーワード10』

一言で言えば、エビちゃんがパリで今季トレンドのCD(コーディネート)を披露する、このコーナー。
ふむふむ、今季は、タータンチェックやスエード、ムートンブーツなどが流行るんですね~。

この特集の構成としては、わりと見やすいし、エビちゃんもさすがはプロのモデルさんなだけあって、テイストの違うお洋服をきちんと違和感なく着こなしています。(普通は、似合う似合わないがありますもんね・・・)

だから、安心して、”服の持つイメージ”を見ていられる感じ。
ポーズもちゃんとそれを強調するものを選んでいるから、全体的に参考になりますね♪

「あー、コレは私には似合わないわー(;´д⊂)」

とか、

「あー、コレのこのへんは取り入れられるかなー(*゜ー゜)?」

とか・・・。

ただ、類似の内容を扱っている今号の雑誌の中では、わりと無難だなーー・・・というのが第一印象でしょうか。強いて言えば、パリでエビちゃんで撮ったというのが新鮮かな?
でも、CanCamらしさはすっごく出た内容になっていると思います。
個人的には、MOREの特集の方が面白いなと感じましたけど・・・。(同誌のレビューは、また後日ってことで♪)

はい、次いきましょー♪

『♯02 まだまだ暑い8月、ちょこっと秋気分を投入して脱マンネリ! 「もっとレディに」「もっとリッチに」「もっと美人に」シフト! 夏→秋 ~8月の通勤スタイル変身プラン~ 「カワイイ」の大人化計画始まります!』

この特集ですが・・・、わりとイケてます(‘∇’)

というか、わかりやすい♪

はじめに2004年からの「カワイイ」の歴史を、CanCamの過去誌面から選び抜き、細かく解説し、それからこの秋の提案スタイルへと話をつなげていきます。

たとえば、

『チュニックからブラウスにチェンジ!』

とか、

『トップスの裾は(ボトムスに)INした方が今っぽい!』

とか、

『手持ちのチュニックにはジャケットをONすれば新しいバランス!』

とか・・・。

1つ1つ、モデルさんのCDと照らし合わせながら書いてあるのがわかりやすいし、見ていて楽しいです。
前半でぎゅぎゅーっと解説したあとは、後半でのCDでそれらのおさらい・・・という構成も見易いし。
見ている方が楽しめるつくりになっているなーと思いました。

そして次ー、王道の着まわしカレンダーです☆

『♯5 おしゃれなコは「まず小物から秋気分!」 ストールにメッシュアクセ、デイクラッチに秋色靴など、マキOL(専属モデルのマキさんがOLという設定での着まわしです)も新作小物を投入してCDを一新! 2大大人化 マキOLの「秋小物投入!」8月の1ヶ月CD』

このコーナーでは、CanCam専属モデルの西倉マキさんが、

『小学校からエスカレーター式にお世話になった目白にある女子大を卒業後、日本橋にある化粧品会社の広報部で働く2年目OL・23歳。世田谷の実家暮らしで、お給料の大半がオシャレ代に消えマス』

という設定のもと、さまざまな服を着まわしています。

その中身は、秋らしい色を感じさせるものから、さし色として楽しめそうなものまで様々♪

あと、着まわしカレンダー特有の日記も、わりとズバズバ書いていて、読み物としても笑えたりドキドキしたりするシーンが山盛りです♪

たとえば、8月5日。

『ホントは毎日でも集合したい地元仲間・6人衆飲みは、失恋を一瞬忘れさせてくれる!? 「フラれた上に、ビーンズブルー食ったら、スカンクのオナラ味が当たってやんの!!」早速、ギャグにしてくれたアキラ、荒療治だけど、なんだかちょっとありがたい★』

・・・・・・・・・ありがたいか?
4回読んだけど、とてもそう思えなかった私。
飲み会でそんなん言われたら、私だったら二次会でその人のぶんの料理をかっさらいますけど・・・。

・・・・・・・・・・・・私の心が狭いのでしょうか?

・・・・・・CanCam読んでるコは、きっともっと優しいのよね、ウン、きっとそうだ♪

そしてもう1箇所、度肝を抜かれたのは8月19日。

『わが社の新作のグロスはスゴいんです。それを化学的に勉強するべく、広報部全員で研究所まで勉強会にGO。部内イチ噂好きなサオリさんが「この前見ちゃったんだけど、西倉さんって眞木君と付き合ってるんでしょ!?」 はぁ!? ただ飲んでただけなんですけど。浮いた噂の少ない女のセンパイが作る勝手な噂ヂカラって、マヂでコワイです』

キャーーーーーーー((((゜Д゜;))))
コワイィィィィーーーーーー((((゜Д゜;))))

あ、でも、ここのCDはクールカワイイな感じで、わりと好きです♪
思いっきりミニだから、KCGの美脚な学生さんに着てほしいな☆

・・・というわけで、女子のみなさま、よろしくです☆

あと最後に、ちょっと気になったトコロがあったのでピックアップしてみたいと思います。

『完全無料! CanCam.TVを使いこなして、CanCamライフを120%満喫!!』

CanCam TV とは、リンク先に飛んでもらったらおわかりいただけると思うのですが、CanCamの公式HPのことみたいで。

ここに行けば、

『スタッフ以外立ち入り禁止な、撮影舞台裏が見れちゃう!』

らしく、CanCamファンの聖地のような場所みたいです。

で。

その紹介ページで見かけた文字が、私の目を釘付けにしました。

それは・・・、

『Contents4 かわいくて、優秀な最新デジもの情報が知りたい!』

デジもの・・・とは何ぞやと思いきや、そのまんま、パソコンや携帯のことみたい。
なんでも、

『パソコンやケータイなどのデジものも最新機種が知りたいけど、たくさんある機能になんとなく拒否反応…。それにせっかく持つなら、かわいいものを持ちたいよね! CanCam TV では、気になるキュートなデジものもちゃんとお知らせ♪ 今回はメアリーとみゅうが、カラー診断のできちゃうauの「W64SA」をご紹介(ハート) ピンクやイエローなどグッドルッキンなフォルムに、きっとみんなひと目ぼれしちゃうはず』

ということみたい。

そっかー・・・、デジものって言うんだー・・・。
・・・なんかちょっとカワイイ・・・♪

ペンギン、また1つ賢くなりました。

よし、今度からケータイやデジカメやパソコンをデジものって言ってみよーっと♪ 
そしてCanCam世代とお付き合いするであろうKCGの男子諸君、女子を支えるべく、デジものにどんどん強くなってくださいね☆

・・・・・・というわけで、今日もダラダラ書いてしまいましたが、お時間です。

マタキテネーー(‘∇’)

comments

お釈迦さまもみてるを読んでみよう☆

お釈迦様もみてる―紅か白か (コバルト文庫 (こ7-58))

こんにちは、ペンギンです。

そして、ごきげんよう、みなさま(*’-')

久しぶりの更新です。
そして久しぶりだからこそ、記事の内容に相応しい・・・・・・というか、このブログにピッタリな本のレビューを書きたいと思います。

その名も、

「お釈迦様もみてる」

・・・・・・っと、ここで、

「それはもしや!!」

と思ったあなたは、もう立派なフリーク。
私の仲間です(・∀・)人(・∀・)
ようこそ、こっちの世界へ♪
一緒に楽しく語り合いましょう♪ ←ぶっ飛びすぎ

そう。
ちょっと脱線しそうになりましたがこの本は、私がハマりにハマっているコバルト文庫の”マリア様がみてる”のいわゆるスピンオフ。
”マリア様~”のヒロインである、福沢祐巳ちゃんの弟・祐麒くんを主人公とし、彼の通う男子校・花寺学院高等学校を舞台にした作品です。

最初手に取ったときは、正直、

「えーー。マリア様の新作じゃないのー・・・」

と、いい年こいて、本屋さんで密かにブーたれておりましたが、実際に読んでみたら、

「まぁ・・・、アリと言ったらアリかな?」

という気がしてきたので、アラ不思議♪

本作と比べたら、やっぱり、なんとなくションボリしてしまいますが、おそらく「その手の作品」が好きな人には、たまらない魅力が満載の作品だと思います。

・・・・・・・・・え、「その手の作品」って何だって? ですって??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。。。

ま、それはさておきー。
個人的な感想ですが、やっぱり私は薔薇さまのいるリリアン女学園の日常の方が、読んでいて楽しいですね。
・・・・・・いや、別に女子ばかりが出てくる、「あっち系の作品」が専門ってわけではなく、ただ・・・・・・、なんとなくですね♪
えーとつまり、私はDVDをまだ全巻制覇したわけではないし、ドラマCDに至っては聞いたこともありませんし、アニメイトの・・・…・・・・・・とにかく、私のファンとしての指数はまだまだなのです。

別にわざわざ強調するところでもないけれど。

ま、一応ですね・・・うん、一応。

・・・で、そうだそうだ、感想です。
読みきったあとの第一印象ですが、私はあんまりその手の作品を読んでないので、

「そっち系の作品って、こんな雰囲気なんかな?」

って感じでした。

・・・いやね、これが私が登場人物と同世代だったら、また感じるものは違うのかもしれませんが、あいにく、思いっきり上の世代なので。

「えー・・・男子って、こんなんだったっけ?」

と、首を傾げてしまい、イマイチ、話に引き込まれませんでした。
2回目はそうでもありませんでしたけど。(すでに複数回読んでるし!)

・・・これって、私の心が穢れてしまったということでしょうか(涙)??
ピュアじゃないってこと(涙)???

でもまあ、なんだかんだ言って、今野緒雪先生の作品は大好きなので、これからもぼちぼちチェックさせていただきたいと思います。

・・・・・・というわけで、今日もダラダラ書いてしまいましたが、お時間です。

マタキテネーー(‘∇’)

comments