富沢さんからの連絡

久しぶりに面白いメールが来たので
全文さらします。


富沢と申します。昨年病気が見つかり現在、自宅で療養中です。
\100,000,000(1億円)を超える資産を有効活用して頂く為ご連絡致しました。
hgn.0917.sngw@docomo.ne.jp

昨年、急性リンパ球性白血病と医師に診断され余命が一年も無いと言う事を告げられました。入院手術という選択肢もありましたが、成功率10%以下という希望の無い数字に「自宅療養」という道を選び、今日に至ります。

20年以上不動産を扱う会社を経営してきた結果、1億円を超える資産を残す事が出来ましたが、身寄りのない私の遺産は国の管理となってしまうでしょう。
死後の事を考えるのは余りにも無意味ですが、命あるうちに、未来ある人へお力添えできればと思い、10数名の方々へお声をかけさせて頂き、それぞれ2000万円前後の支援をさせて頂いております。
自己満足かもしれませんが、どのような形ででも、最後まで懸命に生きた証を残したいのです。
2000万円まで無償で必ず支援させて頂く事をお約束致します。命あるうちに、少しでも人の役に立ちたいという私の最後の願いに、是非ご協力下さい。

最後になってしまいましたが、体調不良とはいえ、このような形でのご連絡となった失礼をお許しください。
hgn.0917.sngw@docomo.ne.jp

富沢

いやん、贈与税とか大変やん♪
この後、お決まりの振込むから口座番号教えろなど
連絡が来るそうです。
騙される人いるのかなぁ。

comments

怖いよねぇ

某レンタルサーバー企業が、事故を起こしバックアップデータごと
データを消し去ったそうです。

FAQより
「<共有サーバーをご利用中のお客様>
障害発生以来、弊社ならびに外部専門業者を交え、
データ復旧を試み続けてまいりました。
しかしながら、誠に申し訳ございませんが、
データ復旧を行うことは不可能と判断いたしました。 」
うーん、オワタ状態なんですね。

みなさま、バックアップは重要ですよ。
オワタ状態 は悲惨です(体験談)…….. orz

comments

特別講義で

特別講義で、少々授業を担当させていただきました。
講義コンテンツが公開されたようですので
このブログへたどり着いた方も多いと思います。
….多いと思いたいです。
引き続き「到着しました!」メッセージ(コメント)をお願いします

comments

見えましたか?

説明の結果、このブログが閲覧できた方は
なんでも(匿名でOKです)結構ですので
コメントを残してください。

comments

難しい

Webのデザインって….. 難しい。
なぜ、僕が作ると チープ&へなちょこになる!!
…………. orz

comments

訃報続く…..

From News
UNIXの父であり周囲の尊敬を集めたコンピュータサイエンティストの
デニス・リッチーが、しばらくの闘病を経て先週亡くなっていたことがわかった。
享年70歳だった。

リッチー(dmrと呼ばれることもある)は、プログラミング言語のひとつである
C言語を生み出したこと、そしてケン・トンプソンとともにUNIXを創りだしたことで
世界中にその名を知られている。
リッチーはキャリアのほとんどをベル研究所で過ごした。
彼が加わった1967年当時はアメリカで最も巨大な電話回線提供社であり、
かつ最も有名な研究所のひとつを運営する大企業であった。

60年代後半にトンプソン(彼はCの前進であるB言語を生み出した)と
ベルで働いているとき、訪れようとしていたミニコンピュータ時代をにらみ、
より効率的なオペレーティングシステムを開発しようと思い立った。
二人を中心としたこの作業は、
1971年のUNIXへと繋がっていった(DEC PDP-11の上で動作した)

UNIXは安価で、かつさまざまなマシンを動作対象として想定してはいた。
いったん動作させることができれば、
その上にさまざまなソフトウェアシステムを載せることができるようになっていた。
しかしOSがマシン語(アセンブリ言語)で記述されていたため、移植性も低く
またメモリの取り扱いにも苦労することとなった。

そこでリッチーとトンプソンは、C言語のシンタックスを発展させつつ機能を増やし、
ついにはOSを記述できるところまでに性能をあげていった。
そして1973年までにはついに、UNIXをCで書き換えてしまったのだ。
カーネル部分は同年中に公開された。

今日、C言語は依然として2番目にポピュラーな言語として
世界中で使われている(ないし、これまでに記述されたコード量としては
第2位につけている)。そしてC++やJavaにさまざまな考え方が引き継がれていった。
またUNIXについての二人の仕事は、
たとえばLinux TorvaldsのLinuxなどにも引き継がれていった。
このUNIXの仕事だけでも、リッチーは
現代でもっとも重要なエンジニアのひとりとして位置づけられるべきだろう。

実際、UNIX関連の仕事により1983年にはケン・トンプソンとともに、
チューリング賞を受賞している。また1998年には当時の大統領である
ビル・クリントンからアメリカ国家技術賞を受け取っている。

プログラミング言語C(K&R)で勉強したなぁ….
合掌

comments

いかにも本学

gio

いかにも本学 って風景です。
70年の汎用機と、祇園祭の写真
BGMはコンチキチンです。

他の人も書かれていますが、本日は
和装Day 学生さんや教職員が
和服で登校しております。

comments

できる男S氏伝説

3

できる男S氏伝説。
今年も「歩く基地局」でした。
おそるべし、KCGのインフラ魂

comments

告知ー

ライブの告知だす

京都大宮七条 音屋アフタービートにて
3/12にライブをします。
KCG爆熱Live2011 1日目
Open 14:30 Start 15:00

三月スケジュールおお、ちゃんと「3Kバンド」と書いてあるわ。

今回は、チケットが無いそうで 入場1000円(1Drink付)です
なんとリハーサルを拒否られた問題バンド
さてぶっつけ本番はどうなることやら…

comments

できる男、さとーし氏伝説2

歩く無線基地局♪
常に、デムパがゆんゆんです。

comments