PM2.5対策の空気清浄機選び

3週間の北京出張から帰国して早一週間が立ちました。

つい,日本へ帰っても今日の北京の空気はどうなっているかなと『北京 大気汚染: リアルタイムの大気質指標(AQI)』というのを毎日チェックしてしまいます。

実は今回の北京出張に『空気清浄機』を持て行ったんです。

ちょっとやりすぎかなとも思ったんですが,備えあれば憂いなし。
実際のスモッグ見たら,持ってきてよかった。。。と思いました。

今回,持って行った空気清浄機はこれ。

空気清浄機1

『ツインバード マイナスイオン発生 空気清浄機 AC-D358PW』

■HEPAフィルターとマイナスイオンの空気清浄機。 ■マイナスイオン発生で空気リフレッシュ。 ■高性能HEPAフィルター採用。 ■気になるニオイを取る脱臭フィルター。 ■12畳までのお部屋の空気を浄化します。 ■風量3段階切替。 ■3時間タイマー付。 ■大型フロントパネル採用。
*中国で使用するには変圧器が必要です!

これを選んだ理由はまず安いこと。そしてHEPAフィルターを採用していることでした。

この「HEPAフィルター(High Efficiency Particulate Air Filter)」,
Wikipediaを見ると「定格風量で粒径が0.3 µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」と定義してあります。

PM2.5は粒径が2.5 µm以下の粒子ですから,私が調べた限りでは現在はHEPAフィルターが最も効果的みたいです。

マイナスイオンはおまけ,高濃度プラズマクラスターイオンとか除菌とかはPM2.5とは関係ないので,『ツインバード マイナスイオン発生 空気清浄機 AC-D358PW』をできるだけ安価で購入して北京へ持参しました。

もちろん,PM2.5にどれだけ効果があったかというのは検証できませんが,どれだけフィルターが汚れたかだけは写真を撮ってきました!
*写真での比較ですので,露出,ピントなどにより正確な比較ではありません。あくまでも目安として見てください。

基本的に空気清浄機は平日夜7時から朝7時まで,休日は24時間稼働させました。

空気清浄機2

↑ 先ず,フィルター使用前(開封前) 
【2013/02/22】

空気清浄機3

↑ そして1週間後(この1週間が最も大気の汚染状況が悪かった)
一週間でこれだけ汚れるものなのかとびっくり。
【2013/03/03】(2月27日にホテルを移動)

空気清浄機4

↑ そして2週間後
【2013/03/03】

空気清浄機5

↑ 2週間後のフィルタのアップ
【2013/03/03】

空気清浄機6

↑ そして3週間後
【2013/03/16】

空気清浄機7

↑ 3週間後のフィルタのアップ
【2013/03/16】

空気清浄機8

↑ 3週間後のフィルタのアップ(谷折りの部分を広げてみる)
白いところが,汚れがついていない元のフィルタの白さです。
【2013/03/16】

もちろんフィルタの汚れは単なる埃が一番多いのだと思います。
PM2.5への効果はこれではわかりません。
ただ北京の空気は噂通りというのを実感できました。

ちょっとは空気清浄機選びの目安になったでしょうか。

ちなみにこの空気清浄機,3週間の使用後,現地で貰い手ができました。
説明書のフィルターの寿命の目安は1年半となっていましたが,北京ではどれだけの期間耐えうるかはわかりません。

ちなみに今回の出張グッズ ↓

出張道具

■空気清浄機
■PM2.5対応,N95型マスク
■アイボン(目を洗うお薬)
■どこでもモイスチャー バタフライ 

日本最初のIT専門職大学院 京都情報大学院大学

京都本校 | 入学説明会

札幌サテライト | 入学説明会

入学説明会 | 東京サテライト

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">