飛将軍 李広

みなさん,こんにちは

ブログを更新していないときに読了した本です。

李広は,前漢の武将で文帝・景帝・武帝の三代の皇帝に仕えました。
ご先祖様は,あのキングダムの「李信」です。
李広は,強い将軍だったので匈奴からも「飛将軍」と恐れられていました。
このあとからは,武勇に優れた武将は李広になぞらえ飛将軍と呼ばれるようになりました。三国志の呂布も飛将軍と呼ばれていました。
李広の孫は中島敦の小説で有名な「李陵」です。
小説の中には,衛青や霍去病なども出てきます。
歴史小説は,あっちの話とこっちの話がつながってどんどん世界が広がっていくのが楽しみの一つです。

comments

飛将軍 李広」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 戯史三國志 わが糸は誰を操る | アスタリスク_シャープ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*