レイトさんカードGET!

みなさん,こんにちは。

今日は,ウルトラマンZの変身アイテムであるゼットライザーに使うカードが量販店(ウルトラマンのゲーム機が置いてあるお店)で,無料でもらえるということで,子供を一緒に行ってきました。
もちろん,GETしました。

レイトさんは,ウルトラマンジードに出てくるキャラで,ウルトラマンゼロに変身します。しかも,ウルトラマンゼロビヨンドにもなります。
演じているのは,なんと,劇団EXILEの小澤雄太さんです。
めちゃめちゃ演技うまくって,サラリーマン・伊賀栗レイトの時の頼りなさと,ウルトラマンゼロのカッコよさのギャップがすごい。

出かけたついでに,おもちゃ屋さんとか,リサイクルショップとかいろいろ回ってきました。我が家のお出かけは自転車なので,サイクリングです。

もちろん,寅さんの時間には,間に合うように帰ってきました。

comments

セブンガー

みなさん,こんにちは。

最近,このブログ,ウルトラマン色が強いように思います。
しかし,今回もウルトラマンでいきます。

ウルトラマンZの師匠はウルトラマンゼロと言います。
ウルトラマンゼロはウルトラセブンの息子です。
ウルトラマンゼロの師匠はウルトラマンレオです。
ウルトラマンレオの師匠はウルトラセブンです。
こうして,師弟関係が続いています。

ところで,今回のウルトラマンZにはロボットが登場します。
セブンガーです。

セブンガーは,ウルトラマンレオで初出です。
ウルトラマンレオに出ている諸星ダンがウルトラセブンに変身できないので,
ウルトラマンジャックがウルトラボールに入ったセブンガーを運びます。
そして,いろいろなことがあるんですが(動画みてください),セブンガーが登場します。
敵はアシュランです。アシュランはウルトラマンレオ一人では倒せないほどの強敵です。
しかし,セブンガーはそんなアシュランをボコボコにします。
セブンガーはこんなんですが,めちゃくちゃ強いんです。
しかし,そんなセブンガーにも活動時間という壁がありました。
なんと,1分しか戦えないのです。
ウルトラマンは3分ですが,セブンガーは1分なんです。
アシュラン戦も後一歩のところまで追いつめたんですが,時間切れで倒せませんでした。しかも,一度使ったら,50時間使えなくなるんです。
あまりのコスパの悪さにこれ以降は使ってもらえなかったのです。

『ウルトラマンレオ』第34話 「ウルトラ兄弟永遠の誓い」

さて,今回のセブンガーは人が操縦する乗り込み式のようです。
そして,エネルギーパックがあって,1個1分ですが3個積めば3分も動けるんです。これがあのセブンガーなら向かうところ敵なしです。
初回では,小さ目のゴメスは一撃で倒していましたが,バランスを崩して自分もこけてました。

こんなセブンガーのこれからの活躍もウルトラマンZの楽しみの一つです。

 

comments

DXウルトラゼットライザー

みなさん,こんにちは。

先週の土曜日に,新しいウルトラマン「ウルトラマンZ」が始まりました。
さて,そのウルトラマンZに変身するアイテムがこちら

DXウルトラゼットライザー,今日届きました。
そして,遊ぶ。(子供がね)
3つのメダルの力でウルトラマンの形態が変わるんです。
ということは,メダルがいっぱい出るという事です。

今回は,Amazonで予約,特典付きでちょっとだけ安かったのでうれしい。

これから,ウルトラは盛り上がりますよ~。

comments

勇気をもとう

みなさん,こんにちは。

ウルトラ5つの誓いをご存じですか?

一つ、腹ペコのまま学校に行かぬこと
一つ、天気の良い日に布団をほすこと
一つ、道を歩く時には車に気をつけること
一つ、他人の力を頼りにしないこと
一つ、土の上を裸足で走り回って遊ぶこと

帰ってきたウルトラマンこと,ウルトラマンジャックの最後の敵は,初代ウルトラマンを倒したゼットンです。
おそらく最強であろう敵に,立ち向かう勇気が必要です。
しかも,そのゼットンを操っているのは,バット星人。
ジャックはこの2人を相手にしなくてはいけません。

地球防衛チームであるMATは,バット星人に基地を破壊され,戦闘機もなく,弾薬もない状態でバット星人とゼットンに挑まなくてはいけません。
これも勇気のいることです。
しかい,メンバーは立ち向かっていきます。
隊長の投げたナイフは見事バット星人に命中し,人質を救いますが,バット星人は強大化してジャックに襲い掛かります。

そして,見事ジャックはバット星人ゼットンを倒します。
しかし,バット星の軍隊が光の国に攻め入るとの情報をえたウルトラマンは,故郷の光の国を救うべく帰っていきます。
ここでも,ジャックは勇気を見せてくれます。

ウルトラ5つの誓いとは,ウルトラマンから地球の少年に向けたメッセージです。

コロナ禍でも,たくさんの方が勇気を見せてくれました。
我々も,勇気をもって生きていきたいと思います。

 

comments