ウルトラマン80 殉職

みなさん,こんにちは。

今週も木曜はウルトラマン80の鑑賞です。

ウルトラマンシリーズにはたくさんの警備隊が登場します。

例えば,初代ウルトラマンは「科学特捜隊」,ウルトラセブンは「ウルトラ警備隊」です。ウルトラマン80は「UGM」といいます。
しかし,この警備隊の隊員はレギュラーです。隊員の交代は度々起こりますが,殉職というのはあまりありません。
ウルトラマンレオでは,「MAC」全滅ということもありました。
ウルトラマンメビウスでも「GUYS」がほぼ全滅から話が始まります。
しかし,一人だけが殉職というのはまずありません。
ウルトラマン80では番組の後半で城野エミ隊員が矢的猛(80)隊員を守るために殉職してしまいます。とても,悲しい出来事です。
なんだか,自分がUGMの隊員になったように思い,ここまで一緒にやってきて,あと少しなのにと思ってしまいます。

城野隊員のためにも,最後まで80の戦いを見守ろうと思います。
がんばれ!ウルトラマン80

comments

ウルトラマン80 さすが!観音様は強かった!

みなさん,こんにちは。

毎週木曜はウルトラマン80です。

ウルトラマン80はサブタイトルの付け方がとても特徴があります。

例えば,今回のサブタイトルは「さすが!観音様は強かった!」
怪獣を封じていた観音様が倒され,怪獣が現れた。
この怪獣がとても強くて80では倒せない。
そこで,80は倒れた観音様(石像)を抱えて怪獣にむける。
すると観音様の力(光)で怪獣はまたしても地底に封印されたというお話。
封印されたところに80は観音像を置きました。
一件落着といったところですが,それでいいのか80?

こんな回もありました。
「怖れていたバルタン星人の動物園作戦」
ついに,あのバルタンが登場か!(5代目)
この「恐れていた」というのは,バルタン星人にかかるのか?
それとも,動物園作戦にかかるのか?
動物園作戦というのはどんなんだ?
もしかして,動物園の猛獣を街で暴れさせるのか?
とても興味のわくサブタイトルです。
そして始まったのは,少年少女がUGMに見学に来てそれを利用してバルタン星人が現れるという展開。
そして,バルタン星人はウルトラマン80に変身する矢的猛をバルタン星へ連れて帰って,優秀なバルタン星人の動物園に下等動物として入れるという。
なに!動物園作戦というのは,そういう作戦か?
それだけのために,来たのか?
どうした,地球侵略は!

他にも,「君はゼロ戦怪鳥を見たくないかい?」
ゼロ戦のラジコンを操る少年が出てきます。
しかし,コントロールを失いゼロ戦(のラジコン)は遠いところに飛んで行ってしまいます。それを探しに行くと,宇宙渡鳥怪獣が現れます。
しかし,この怪獣は少年のリモコンでなぜか操れるのです。
それもそのはず,怪獣はゼロ戦ラジコンを飲み込んでいたのです。
少年は怪獣に載って空を飛びます。しかも自分の操縦です。
しかし,怪獣ののどに詰まっていたゼロ戦ラジコンが取れてしまいます。
少年の操縦が効かくなって,80登場です。
少年を救うと,宇宙渡渡鳥怪獣は宇宙に帰っていきました。
ゼロ戦怪鳥っていったい・・・。

といった感じです。
大人の人は,もっといいサブタイトル付ければいいのにとか思うでしょう。
しかし,これはあきらかに,ターゲットを絞ったものです。
本当は,もっとかっこいいサブタイトルを付けたいのでしょうが,そこは子供向け特撮ですから,子供が興味を持つように付けているんですね。

それにまんまと引っかかった大人です。

comments

ウルトラマン80

みなさん,こんにちは。

毎週木曜は「ウルトラマン80」の配信日です。

ウルトラマン80は,1980年(だから80)の作品です。
ということは,僕がまだ小学生だったころで,リアタイで見ていました。

ちょうど1979年にウルトラマンが「ザ☆ウルトラマン」としてアニメで復活しました。当時は,ウルトラマンがマンガ(アニメ)ってどうなん?とか思いました。(めちゃくちゃ面白くて観てましたけどね)
翌年「ウルトラマン80」が放映され,やっぱりウルトラマンは実写(特撮)とか思ったような気がします。
でも,まったく覚えてなくて,新鮮な気持ちで観ています。
80に変身する矢的猛は,中学校の先生として勤務し,UGMの隊員としても活躍していました。しかし,いつの間にか中学校は辞めていたようで,後半になってからはUGMの隊員としてのみ活躍しています。

最近のウルトラマンはCGとかも使われていますが,80はまさに特殊撮影です。
とくにキックはすごい。

comments

ウルトラマン80

みなさん,こんにちは。

我が家の子供は,ウルトラマンが大好きです。
ウルトラマンのショーや写真撮影会によく出かけます。(今は自粛中)
このお出かけをウルトラマン活動といい,「ウル活」といいます。(ウルトラファンの間では通じます)
また,ウル活で友達になると,それは「ウル友」です。(ウルトラファンの間では通じます)
ウル友は全国に散らばっています。
このところのコロナ騒動で,ウル活はそもそもイベントが中止になってできず,
ウル友とも会えません。
なかなか,ウル活できなのですが,ウルトラマン公式のYouTubeでは,ウルトラマンシリーズを週一回更新して放映してくれています。
昨年は,ザ・ウルトラマンが始まり,もう少しで最終回を迎えます。
そして,最近,ウルトラマン80が始まりました。
そういえば,昨年はザ・ウルトラマンが,今年はウルトラマン80が40周年です。
80はわかりやすいですね,放映年が1980年ですから。
僕も小さいころ観ていました。リアタイってやつです。
でも,さっぱり覚えていません。だから今観てもとても新鮮です。
でも,小さいころ観ていた時からもう40年たったのですね。
ああ,年とったな~(しみじみ)

こういう話をすると,ああ,やっぱりお父さんの影響で子供がウルトラファンなんだなって思われます。時には「いつからファンなんです?」と聞かれます。「45年くらいファンだよ」なんていう答えを期待してるのかもしれませんが,残念実はファン歴はたったの8年くらいです。つまり,僕の影響じゃなく,子供の影響なんです。
いつも,僕は,ウルトラマンと三国志なら三国志の方が好きって言います。
本当は,どっちも同じくらい好きなんですけどね。

comments