ウルフェス終了

みなさん,こんにちは。

8月1日に始まったウルフェス(ウルトラマンフェスティバル)オンラインですが,本日23日で終了です。

毎年行っているウルフェスが中止となりがっかりしました。
その後,オンラインで開催ということになり,どうなるんだろう?と思いました。
行けば会える関東のお友達にも会えず,寂しいなーと思っていましたが,意外と楽しめてまだ子供が生まれていない年のステージなんかも見れて,これはこれでうれしかったです。
今日のアーカイブステージは,初めて見たウルフェスのステージだったので懐かしいなーと思っていましたが,ほとんど覚えてなくて新鮮でした。そして,初めてのウルフェスのことを思い出して,あれやこれや家族で話せて楽しいひと時を過ごすことができました。

実際のウルフェスも面白くて楽しいですが,オンラインもなかなか面白かったです。

コロナ禍であらゆるものがオンラインになっていきますが,これまでと違った文化が生まれているような気がします。今後コロナが治まったとしてもこの流れは止まるどころか,加速気味にサイバー空間が広がっていくんだろうと思います。
そんなサイバー空間を作り出していく未来の技術者こそ,KCGの卒業生であるわです。

KCGで先生していてよかったな~。

 

comments

ザ☆ウルトラマンの最終回を観て

みなさん,こんにちは。

ついに,「ザ☆ウルトラマン」が最終回をむかえました。
小さいころに観たウルトラマンをまた,こうして観ることができてうれしかったです。これも,インターネットの普及とYouTubeなどの動画配信サイトの充実,そしてそれを活用した円谷プロダクションのおかけです。

情報の伝達がテレビからインターネットへと時代が変わることで,逆に時代をさかのぼって昔のコンテンツを観ることができるというのは,面白いですね。
YouTubeの他にも,Amazon Prime VideoやHulu(フールー),Netflix(ネットフリックス)などもコンテンツが充実し,懐かしい作品や話題の作品を観れることに感謝したいと思います。

インターネットの普及は映像コンテンツ以外にも,多くの変化をもたらしてくれました。昨日の授業でも使ったZoomもインターネットの普及と高速化がもたらした新しい形だと思います。

そして,KCGでは今年のコロナ禍で4月,5月のオープンキャンパスの開催を中止しています。しかし,このインターネットの普及のおかげで「オンライン説明会」を始めることができました。ありがたいことに,オープンキャンパスに行きたくても行けない方から好評をいただいています。そして,5月24日には,「オープンキャンパスライブ配信」を行う予定です。Zoomを使ったミニ授業も配信予定です。これも新しい形のオープンキャンパスです。

今後,娯楽や教育,仕事など様々な新しい形が生まれて,もっともっと生活がしやすくなるのだろうと想像しながら,今を頑張ろうと思います。

早く収束してほしいですね。

 

comments

基本が大事

みなさん,こんにちは。

僕の好きな映画に,Mr.boo (吹き替え版)があります。
吹き替え版がいいんです。
吹き替えの広川太一郎さんがいいんです。
なにが好きかというと,広川さんのアドリブがすごいんです。
主人公の口が動いていないのに,しゃべってるっていう。
すでに,お亡くなりになっていますが,YouTubeで観ることができます。

実は昨日その YouTube で広川さんを堪能していました。
すると,広川さんのインタビューがあって,そこで広川さんは最初にこういうことをおっしゃっていました。
「アナウンサーでもそういった人前で話す職業の人は,標準語で正しいイントネーションで話さないといけない。これができるからこそ,僕(広川さん)のようにイントネーションを変えたりする言葉遊びができるようになる。」
これって,基本的なことですよね。

子供が習っている空手,型と組手があります。組手は相手と戦うわけですが,ここでの基本は型です。型は基本なので,それがしっかりしていると組手に活かせて,強くなるわけです。

勉強だって同じです。
引き算と九九(掛け算)ができるから割り算ができる。割り算がわかるから分数がわかる。

コンピュータだってそうです。
プログラミングの基本は,アルゴリズムです。だから,アルゴリズムをしっかり考えられればできるのです。
もちろん,言語学習も大事です。だから,僕のJavaも大事です。
アルゴリズムって難しそうですが,僕たちはその難しいことを気にせずにこなしているのです。
例えば,朝起きるのに目覚まし時計を使うとしましょう。
「もし,目覚まし時計がなったら,起きる」です。
これって,こんなこと考えて行動してないですが,できているんです。
でも,これをコンピュータにさせるには,コンピュータがわかるように教えてあげることが必要です。
それが,プログラミング言語なんです。

if(目覚まし時計がなる){
起きる;
}

こうなります。

基本をしっかり身に着けておくことこそが,上達の早道なんですね。

comments

ローマ字

みなさん,こんにちは。

皆さんは,キーボードを打つとき,ローマ字打ちですか,かな打ちですか?
僕はローマ字打ちです。
どっちが早いのかですが,僕は「かな打ち」の方が早いと思います。
ただ,キーの配列を覚える量は多いです。

さて,そのローマ字は小学校で習います。
習ったことを覚えていますか?
僕は習ったことないと思うほど覚えていません。

さて,そのローマ字ですが,方式があるのをご存じですか?
ヘボン式,訓令式,日本式があります。
違いは,
方 式  し  ち つ ふ じ ぢ
ヘボン式 shi chi tsu fu  ji ji
訓令式  si  ti  tu hu zi zi
日本式  si  ti  tu hu zi di
他にもあります。

あれ,僕がキーボード打つときは,混ざっていますね。
「し」はsi,「ち」はti,「つ」はtuですが,
「ふ」はhuのときもあれば,fuの時もあります。
「じ」はjiで,「ぢ」はdiです。
なんか,キーボード式っていうのもあってよいように思います。
時々,どう打っていいのか分からなくなる時があります。
例えば・・・思いつきません。
ちなみに,初心者にとって難しと思うのは,「フロッピーディスク」です。
みなさんはどう打ちますか?

僕は,huroppi-dhisuku です。

comments

授業準備 エディタ編

みなさん,こんにちは。

僕はKCGでは「HTML」や「CSS」,「JavaScrit」,それに「Java」を教えています。このうち,HTMLとCSSとJavaScritはWeb系の授業です。
Webは制作に特別なソフトは必要なく,エディタと呼ばれるコードを書くソフトと実行するブラウザというソフトさえあればOKです。
エディタは特別なソフトではなく,Windowsについてくる「メモ帳」でもOKです。
ただ,メモ帳ではさすがに機能がなさ過ぎて作成するには大変です。
そこで,「Notepad++」をこれまで使ってきました。

多機能エディタは使いやすく,ミスも少なくなり素晴らしいです。
しかし,初心者にはあまり多機能すぎるのもどうかと思うのです。
というのも,最初は全部自分で打ち込み,間違いを訂正しながら勉強していくのがいいと思っています。
Notepad++はそのあたり,いい感じで勉強に向いていたと思います。

今年も,最新バージョンをインストールし,授業準備をしていました。
授業資料のサンプルコードをNotepad++で打ち込み,保存しようとしました。
保存には,ファイルの種類を指定する必要があります。
ファイルの種類とは,例えばHTMLの種類だとか,CSSの種類だとか,JavaScritの種類だとかです。これは,プログラミング中に使用するプログラミング言語を設定することで,保存時は気にすることはほとんどありません。
しかし,今回インストールしたNotepad++は言語設定はしたにも関わらず,ファイルの種類がAllタイプになってしまい,ここでもう一度ファイルの種類を設定しなおさないといけませんでした。
しかも,本来ファイルの種類を設定すると,拡張子(ファイル名の後にある「.〇〇」というものです。例えば,Wordならファイル名.docx,HTMLファイルならファイル名.html)が自動でつくはずなんですが,これもつかない。だから,自分でファイル名の後に.htmlと打たなくてはいけないのです。
考えてください,言語設定すると自動でファイルの種類が設定され,自動で拡張子が付くはずが,すべて手動となると,とても大変です。
僕の設定がおかしいのかわかりませんが,Webで検索しても出てこないので,解決策もわからず,これじゃ使えないなってなりました。

そこで,多機能で人気の高い,「Visual Studio Code(VS Code)」を使うことにしました。

日本語化したり,使いやすいように拡張機能であるプラグイン(プログラム)入れたりと楽しい作業ばかり。しかし,カスタマイズしてから,このカスタマイズを資料に反映させないといけないことに気づきました。アンインストールからの再インストール,そしてキャプチャしてはPPTに落とし込む作業でした。

少し多機能すぎる気がするのですが,まあ,いいか。

comments

インターネットする?

みなさん,こんにちは。

リニューアル3日目です。
もうちょっとで,三日坊主にもならないところでした。

さて,皆さんはこのブログをご覧いただいているということは,インターネットにつながっているということですよね。

でも,世のなかでは「インターネットばかりしている」とか使われたりしています。
正確には,インターネットにつなげて,ネットサーフィンとかオンラインゲームとかをしているのだと思います。

インターネットするっていうと違和感ありますよね。
インターネットは,ネットワークの一つの名前なので,「する」のではなく「つなぐ」がしっくりくると思います。

まあ,でも意味が分かればいいのかな。
今の僕たちの使っている言葉も,もしかしたら本来はそういう使い方はしないっていうのもあるんでしょうね。

 

comments

Excelの勉強【RANK関数】 失敗は成功の素

ども,久々にWordを教えると,あれ?って思うことがあるサスペンダーです。

使ってないと忘れるものです。
実際触るとすぐわかるのですが,質問されて言葉で説明は難しい。
かといっても,使わない機能は使わないしな~。

さて,今回もExcelのお話です。
前回は,Vlookup関数を例にとって関数について説明しました。
関数は多くの場合,下や右にコピーすることで非常に楽に表を作成することができます。その際,重要になるのが相対参照と絶対参照です
前回にも書きましたが,相対参照はあまり意識しなくてもいいのですが,絶対参照はこちらで設定してやる必要があります。
「F4」です。
でもこの「F4」はわかっていても,ついつい忘れてしまいがちです。
忘れてコピーすると,エラー値が出ます。
「うわー,エラーだ!」とか思ってついつい削除(Delete)してしまう人多いんじゃないでしょうか。

「ちょっと,まってください!」

コピーする前の数式を入力したセルの答えは合っていますか?
合っていれば,コピーした際にエラーが出たわけです。
削除してしまっては,なぜエラーが出たのかわからないくなります。
つまり,何度やってもエラーが出る可能性があるわけです。
エラーが出たら,なぜエラーなのかを見つける必要があります。
そのためには,エラー値のセルの数式を見てみましょう。

絶対参照と言えば,RANK関数ですよね。

じゃあ,RANK関数を見ていきましょう。
こんな問題です。

RANK関数

さて,前回の内容を覚えていますか?
「まず自分で解いてみる」です。
水井の順位は,90点なので,他の2人(砂子,中塚)の点数と比べると1番高いので,順位は1番。

RANK関数

砂子の順位は,60点なので,他の2人(水井,中塚)の点数と比べて,3番。

RANK関数

中塚の順位は,70点なので,他の2人(水井,砂子)の点数と比べて,2番。

RANK関数

できますよね。

さて,それではRANK関数を見てみましょう。

RANK関数

引数は,「数値」,「参照」,「順序」の3つ。

それでは,あてはめていきます。
≪水井の順位は,90点なので≫
数値は,この90点。

RANK関数

≪他の2人(砂子,中塚)の点数と比べると≫
他の2人と比べるためには,水井,砂子,中塚の点数全部を参照範囲に入れておく必要があります。

RANK関数

これで,順位はでます。

降順であれば,これでいいのですが昇順の場合は1を指定します。
降順というのは,数値の大きい順です。テストとかの場合ですね。
昇順は,数値の小さい順で,例えばマラソンの順位とかは,数値が小さい方がいいですよね。

さて,これで,水井の順位がでました。
下にコピーしてみましょう。

すると,
砂子2
中塚1
になります。
エラー値こそでませんが,明らかにおかしいですよね。

RANK関数

おかしいと思っても,数式は消さない!!

おかしい砂子の順位をみましょう。
数式バーは,

RANK関数

となっています。
正しい水井と比べると,

RANK関数

この「数値」と「参照」が違いますね。

まず,数値です。
これは,砂子の60を指していますので,OKです。
次に,参照範囲ですが水井の数値が参照範囲に入っていないのでおかしいですね。
ということは,ここが間違っているのです。

この参照範囲を選択して,「F4」を押して$を付ければ,
ちゃんと正しくなりました。

RANK関数

コピーしてみましょう。
中塚も正しくなりました。

RANK関数

さて,ここからが大事なところ。
ExcelでもWordでも,JavaScriptでも,100点ほしいですよね。
だから100点を目指して考えます。←これ大事。
でも,残念ながら100点取れないこともあります。
でも,100点取れなかったら,なぜ取れなかったか考える←これはもっと大事。

勉強だけじゃないです。
人生だってそうですよね。
ましてや人生なんて,削除(なかったことにする)なんてできません。
だったら,なぜそうなったのか?
次からどうすればいいのか?
そして,次は100点(ではなくても,今回よりいい点数)とればいいんです。
失敗から学ぶことは大事です。

KCGの学生は,高校卒業してすぐに進学する子以外に,大学卒業してからとか,大学中退してとか,社会人してからとか様々です。
でも,そういう学生は年齢もありますが,やっぱり何か違います。
それは,学生生活をどうすればいいかを一度考えて,知っているからんですね。

KCGの授業を通して,そういうところもぜひ学んでください。

あれ,Excelの話でしたね。
だから,エラーを恐れないでくだいってことが言いたかったんです。
失敗は成功の素です。
それでは。

comments

Excelの勉強【Vlookup関数 】

ども,KCGではJavaScriprを教えているサスペンダーです。

高校では,HTMLやホームページビルダー,WordやExcel,PowerPointなども教えています。
さて,今回はExcelのお話です。
Excelを教えていて,ここがポイントっていうところがいくつかあります。
まずは,絶対参照です。
わかる人にわかる「F4」です。
それから,関数ですね。

教科書とか見ると,手順が載っているので,そのままするとできてしまうのが関数です。
でも,いざ自分で練習問題を解いてみるとわからないってことがよくあります。
例えば,Vlookup関数(Hlookup関数)。
この関数は難しい。

Excel0

引数が4つもある。
「検索値」「範囲」「列番号」「検索方法」
この4つの引数とニラメッコしている光景をよく目にします。

例えばこういう問題がある。

Excel1

所属校舎にvlookup関数を使用し,校舎一覧を参照して校舎名を入れる。
ここで,vlookup関数を使用することが書いてあるので,さっそくvlookup関数を起動する。

Excel0

さて,わかる人にはわかるのだが,ニラメッコする人はここで何をどうすればいいのかわからなくなるのだろうと思う。
検索値って?,範囲って?,列番号って?,検索方法って?
そこで,いつも高校生に教えるときにやる方法は,コンピュータを離れて自分でやってみるということ。

まず,水井の所属校舎はどこだ?

答えは,鴨川校

誰だってできる。
これができなければ,コンピュータを使ってもできない。

では,なぜ鴨川校と導き出せるのか?
それを考える必要がある。

まず,見るべきところは,水井の横の校舎コード「K」だ。

Excel2

そして,次にやるべきことは,この「K」がどの校舎を表しているかを見つけ出すことだ。それは,校舎一覧を見ればすぐにわかる。
校舎一覧では,まず校舎コードから「K」を探す。

Excel3

見つかれば,その横の校舎名を見る。するとそこには「鴨川校」とある。
ここで,水井の所属校舎は「鴨川校」だということがわかる。

Excel4

関数を使うというのは,この動作をコンピュータに教えてやるということ。
そこで,関数ウィザードをみてみると,

Excel0

「検索値」「範囲」「列番号」「検索方法」
とある。
それぞれに値を入れていこう。
≪まず,見るべきところは,水井の横の校舎コード「K」だ。≫
つまり,検索値はこの「K」

Excel5

≪そして,次にやるべきことは,この「K」がどの校舎を表しているかを見つけ出すことだ。それは,校舎一覧を見ればすぐにわかる。≫
この校舎一覧が範囲になる。
一番上の行は項目名なので,省く。だいたい僕たちが検索するにしても,項目名は検索範囲ではないからだ。

Excel6

≪校舎一覧では,まず校舎コードから「K」を探す。
見つかれば,その横の校舎名を見る。するとそこには「鴨川校」とある。≫
そして,本当に見つけたい情報は,この範囲の2列目にあるわけだ。
だから,列番号は「2」となる。

Excel7

検索方法は,省略しても構わないのだが,今回の例では,残念ながら省略できない。
それは,範囲が順番になっていないから。そういう時は,「0」を入れると解決できる。

Excel8

Excel9

さて,ここまでvlookup関数について解説したのだが,実際に自分でこの作業を繰り返してみる必要がある。この解説をみて,「なるほど」と思っていただければ幸いだが,残念ながらそれだけではvlookup関数は使えないだろう。
ここが,最大の問題なのだ。
だから,いきなりコンピュータに向かうのではなく,自分で解いてみる。
これを,おススメしたい。

エラーがでたら,どうするの??

それは,また次回のお話。
それでは。

comments

PDFに書き込めるフリーソフト Foxit J-Reader

ども、電子書籍に興味があるサスペンダーです。

電子書籍リーダーについて、SONYのreaderがいいかな~って思って調べてみました。
検索キーワードは「reader」
そこで出会ったのが、「Foxit J-Reader」でした。
このページ

電子書籍とは関係なく、PDFファイルの表示が速くて、書き込みができるそうなんです。

早速、インストール。

ためしに、SONYのreaderのカタログPDFをダウンロード。
表示するも、「保護済み」の文字が!

readerpdf

ダメじゃん!!

それならと、京都市バスの路線図PDFをダウンロード。
KCG洛北校の最寄バス停にコメントをつけてみる。

foxit

おお!いい感じ。

他にもご覧のとおり,ツールボタンがいっぱい。
いいかも!

インストールも簡単。

なかなか使える感じです。

comments

キーボードを洗ってみた

ども、こう見えて結構綺麗好きなサスペンダーです。

ほんと~?
って思うかもしれませんが、たぶん本当です。

ということで、今日はキーボードを洗ってみました。

まず、キートップ(キー)を全部はずします。
コツさえわかればすぐはずせますが、マイナスドライバーなどを使ってテコの応用で簡単にはずせます。
キートップをはずすと、その汚さにビックリするはずです。

次に、キーボード背面のネジをはずします。
ネジは小さいので、なくさないように注意が必要です。

後は、部品をはずしていきます。
ケーブルの部分はさらにネジ留めがしてあるので、それもはずしてケーブルを抜きます。

部品を並べてみました。

キーボード

洗うのは、左上と右上と左下と中央下の部品です。

キートップをネットに入れて洗濯機で洗うという方法もありますが、壊れそうなので手洗いしました。
洗面器の洗剤溶液にキートップをいれて一つずつ手で汚れを落としていきます。
面倒くさいですが、結構楽しめます。(僕だけかな?)

あとは、古い歯ブラシかなにかでザーって感じで洗います。
これは、これで手荒い(手洗いとかけています、漢字の間違いではありません)です。

最後に、よく乾かします。
キートップはなかなか乾きにくいので注意が必要です。
(このブログを書いている時点では、まだ乾ききっていません)

最後に組み立てます。
必要な部品などを挟んで、ネジ留めです。
最後にキートップをはめます。
(この時点では、はめてないです。)
間違わないように、注意しましょう。

皆さんも、是非洗ってみてはいかがでしょう。

それでは。

comments